« 細野晴臣、幻のユニット「FOE」 | トップページ | 22DDHやひゅうがは空母なのか?(その2) »

2010-09-16

2010/09/16ヤクルトvs巨人

慎之助2ランなどで追い上げも及ばず。連勝は5でストップ

ヤクルト6-4巨人 試合詳細

守乱で自滅した試合でした。
先制されるきっかけとなったデントナの2ベースは矢野のポロリ。
6回裏はラミレスのポロリとバンザイで3失点。
当然負けるという感じの試合でしたね。
ラミちゃんの守備は言っても始まらないので、打って返してもらうしかありません。

巨人は谷間ということで普段はリリーフの高木を先発に立てました。
試合前から雨で、試合中も一時雨で中断がありました。
中止の公算も高かったのですが、ローテの谷間で中止にならなかった時点で流れが無かったと思います。
ヤクルトとお互いにブルペンデイを一つずつ取り合い、残りの一つを取れたと考えて切り替えるしかないでしょう。

中日が久方ぶりに負けました。マエケンがハーラートップの14勝目。
阪神が勝ったために巨人は3位転落です。

明後日18日(土)から阪神と甲子園で3連戦。いよいよ正念場です。

<トラックバック送信>
今日の巨人-2010/09/16-

|

« 細野晴臣、幻のユニット「FOE」 | トップページ | 22DDHやひゅうがは空母なのか?(その2) »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/49469800

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/09/16ヤクルトvs巨人:

« 細野晴臣、幻のユニット「FOE」 | トップページ | 22DDHやひゅうがは空母なのか?(その2) »