« 横浜ベイスターズ、住生活Gとの売却交渉破談 | トップページ | 新週刊マンガ日本史01 ヤマトタケル »

2010-10-28

2010ドラフト会議 巨人は澤村拓一投手(中央大)の単独1位指名に成功!

  • 2010ドラフト会議結果 (スポーツ報知)
  • 10/28ドラフト会議において巨人は澤村拓一投手(中央大)の単独1位指名に成功しました。
    冷麺としてはずっと澤村投手を推していただけに、本当に嬉しいです。
    それにしても単独指名にはびっくりました。
    澤村投手の評価が低かったとは思えませんので、いわゆる囲い込み工作が効いたのでしょうか?

    ドラフトはいくら予想しても当日にドラマがあります。
    驚いたのは早稲田勢への高い評価です。
    大石達也投手(早大)には6球団、ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手(早大)には4球団が競合しました。
    プロ側としては大石投手をリリーフ専門とは見なかったんでしょうね。
    実際にナベQ監督も大石投手を先発構想での指名だったようです。
    斎藤投手もヤクルト・ロッテの2球団競合ではないかという予想を上回りました。
    抜群の人気をあてこんでの指名ではと勘繰りたくなりますが、話はそう簡単ではありません。
    早くからヤクルト・ロッテが1位指名を明言していた中、新たに入札することは並大抵の決意じゃないですよ。
    やはり戦力として評価したからこそ日本ハム・ソフトバンクの2球団は入札1位を決めたのではないでしょうか?
    早稲田勢の高評価で冷麺の予想はボロボロになりましたねw

    他にも意外だったのは伊志嶺翔大外野手(東海大)、山田哲人内野手(履正社)ら野手陣への高評価ですね。
    伊志嶺外野手は当然1位と予想されてましたが、高校生の山田内野手も外れ外れ1位で競合でした。
    即戦力投手としては加賀美希昇投手(法政大)も残っていたんですけどね。
    オリックスの岡田監督は3回もくじを外してしまい散々でした
    それでもオリックス1位は上州のイチローこと後藤駿太外野手(前橋商)で、あくまで野手でした。
    外れの外れの外れ1位はドラフト史上初ではないでしょうか?
    会場も山田内野手の競合で笑っていました。後藤選手も「とにかくうれしくて笑っちゃいました」とのこと。
    場合によっては外れ1位でネガティブになったりもするのですが、明るい後藤選手を応援したくなりましたね。

    プロが高く評価する選手もいれば、ドラフトマニアの評価ほどの順位にならない選手もいます。
    外れ1位は確実と見られていた加賀美希昇投手(法政大)は13巡とは言え2位指名。
    1位はオール投手ではと見られていた下馬評とは違って、野手1位指名が3球団もあった煽りを受けました(<2010/10/29修正>野手1位は4球団の間違いでした)。
    ようつべの素晴らしい動画で人気だった榎下陽大投手(九産大)は日本ハムの4位です。
    マニアの評価が高かった高校生スラッガー、又野知弥外野手(北照)はヤクルト4位。
    チームメイトの西田明央捕手(北照)より指名順位は下です。
    かと思えばマニア評価は猛烈に落ちていた南昌輝投手(立正大)はしっかりロッテ2位だったりします。

    冷麺の愛する我らが巨人軍のドラフト指名はこうなりました。

    1位 沢村拓一投手(中央大)
    2位 宮国椋丞投手(糸満)
    3位 田中太一投手(大分工)
    4位 小山雄輝投手(天理大)
    育成1位 和田凌太内野手(広島工)
    育成2位 岸敬祐投手(愛媛マンダリンパイレーツ)
    育成3位 福泉敬大投手(神戸9クルーズ)
    育成4位 荻野貴幸内野手(愛知工大)
    育成5位 財前貴男内野手(エイデン愛工大OB BLITZ)
    育成6位 成瀬功亮投手(旭川実)
    育成7位 川口寛人内野手(西多摩倶楽部)
    育成8位 丸毛謙一内野手(大阪経済大)

    正規ドラフトの4名はみな大型の本格派右腕です。
    キャッチャーを育成含め3名獲得した去年に続き、かなり極端な指名方針と言えます。
    1位2位は冷麺的に完璧な指名でしたね。以前の記事でもお薦めしていた投手です。
    まさかここまで理想通りになるとは思っていませんでした。
    指名した4名には何の不満もありませんが、昔の巨人の大型素材限定戦略を思い出させるのが少し嫌ですね。
    そして欲を言えば、即戦力をもう一枚獲ってほしかった
    今回の指名で即戦力と言えるのは澤村投手だけです。
    冷麺は濱野雅慎投手(JR九州)に注目していましたが指名されませんでした。
    両サイドにコントロール良くまっすぐスライダーを決める右サイドスローですが、結局12球団からドラフト指名漏れです。
    社会人の選手は会社との調整が必要になるので、その辺で折り合いが付かなかったのかもしれません。
    育成2位3位の岸敬祐投手、福泉敬大投手は独立リーグ出身なので、即戦力が期待されているかもしれませんね。
    今年の星野真澄のように十分チャンスがあるはずです。

    いや~、それにしても澤村投手が指名できて本当に嬉しいです。

    「18番が欲しい」
    「澤村が沢村賞を取れば面白いじゃないですか、名前的に」

    と早くもビッグマウスも炸裂しているとか。
    冷麺としては18番と言わず、沢村賞を取って14番を堂々と付けてもらいたいですよ。

    <関連記事>
    2010ドラフト展望
    2010ドラフト展望(その2)
    2010ドラフト展望(その3)
    2010ドラフト展望(その4)
    巨人沢村獲り(スポーツ報知)
    澤村の背番号は「15」

    |

    « 横浜ベイスターズ、住生活Gとの売却交渉破談 | トップページ | 新週刊マンガ日本史01 ヤマトタケル »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/49871590

    この記事へのトラックバック一覧です: 2010ドラフト会議 巨人は澤村拓一投手(中央大)の単独1位指名に成功!:

    « 横浜ベイスターズ、住生活Gとの売却交渉破談 | トップページ | 新週刊マンガ日本史01 ヤマトタケル »