« 2010/10/16CS 1stステージ第1戦 阪神vs巨人 | トップページ | 2010セ・リーグCS(クライマックスシリーズ)展望~Final(ファイナル)ステージ »

2010-10-17

2010/10/17CS 1stステージ第2戦 阪神vs巨人

パンダ追撃2ラン! ラミレス逆転タイムリー! 巨人CS Finalステージ進出!

阪神6-7巨人 試合詳細


(大きい画面で再生したい場合は、再生後更に動画をクリックするとようつべに飛びます)

いや~、勝っちゃいました
敗色濃厚4点ビハインドから大逆転でFinalステージ進出です。
今シーズン一番にスカッとした試合です。

勝因の一つは積極的な原采配でしょう。
内海先発という予想を裏切って朝井奇襲先発!
しかし初回いきなり2点を失い、奇襲は裏目に出ます。
それでもへこたれない原采配、2回表満塁のチャンスに朝井を早くも1回であきらめ代打スンヨプ!
これもショートフライに倒れ、結局実りませんでした。
……って書いてて分かったんですが、原采配、効いてませんね(゚д゚)
しかし積極的な姿勢はチームに伝わったのではないでしょうか?
敗色濃厚な展開を引っくり返す遠因になったと思います。

もう一つの勝因は打線です。
阪神先発の久保は低目両サイドに球が集まっていました。
どうみても久保は好調だったのですが、やけにヒットが出るんです。
カウント球の甘いところをミスショットしません。
4回までは点に結びつかなかったんですが、打線の調子はかなり良いと思いました。
BS1解説の小早川も同じことを言ってました。
余談ですが小早川解説は勝率が悪いので、今日は負けると思っていましたw
特にガッツが当たりまくっています。5・7・8回の得点に全て絡みました。
Finalステージを考えるとガッツ好調は頼もしいですね。

今日は試合展開で興味深い勝負のアヤがありました。
今、阪神で信頼出来るリリーフは久保田と藤川です。
他の投手は展開次第の起用であって、勝ちパターンの信頼感は得てません。
久保田・藤川で1イニングずつを任せたいわけで、先発久保に7回を投げてもらう計算だったと思います。
ところが6回裏、4-2で2点リードの局面で無死1塁で久保に打順が回ってしまいました。
真弓監督はここで代打上本でバント策を取ります。
バント策は功を奏して2点追加に成功するのですが、ゲームプランには微妙に狂いが生じました
久保田か藤川のどちらかが2イニング行かなければならなくなったのです。
これが久保田・藤川で5点を失い、まさかの逆転を喫した一因になったかもしれません。
久保そのままでバント、8・9回を久保田・藤川なら、また違った試合になったかもしれませんね。

    2chではこの真弓采配は叩かれまくっているようです。
    ただまあ2点取ってるわけですし、久保も結構打たれてましたから、責めるのも酷だと思います。
    責めてる人が渡辺1イニングを挟むのを良しとするかと言えば……どうでしょうね?

阪神として信頼出来るリリーフは久保田・藤川と言いましたが、実は藤川はシーズン終盤悪かったんです。
状態的には久保田の方が上。ですから久保田2イニングの予定だったと思います。
実際、7回裏の攻撃中に久保田はベンチから出てキャッチボールしてました。
ところが7回裏に越智が乱れて久保田に予期せぬ打席が回ってしまいます。
代打を出さないわけにはいきません(代打桧山は三振)。
なし崩し的に藤川2イニングが決まり、8回表の逆転劇となりました。
当初のゲームプラン通り、藤川9回1イニングならクローザーの顔でごまかし効いた可能性もありますね。

藤川は絶対的クローザーである故に、負けられないこの試合、1点ビハインドの9回表もマウンドに登らざるをえませんでした。
でも調子が悪くてストレートに抑えが効きません。亀井が見ていけば押し出しは間違いなかったでしょう。
四球を連発してあえぐ様は悲哀を感じてしまいましたね。なんか怪獣映画のラストシーンみたいでした。
にくらしかった怪獣なのに、断末魔に同情してしまうみたいな。
巨人ファンとしても信じられない光景でしたよ。

原監督は積極的に動いてはいましたが、「今日絶対勝ってやる」とは思ってなかったと思いますよ。
「第3戦を勝てばいい」と考えていたと思います。
いつもは勝負所で使う久保を使ってきませんでし、2点を失った後の高木続投を見てもそうです。
CSでは「明日につながる」とかは考えなくていいですし、第3戦を勝てばそれで良かった。
冷麺なんかパンダの美しいホームランが見れて、今日は満足と思って、負け想定で記事を考えてました
しかし打線は素晴らしい集中力を発揮して、阪神投手陣の失投を逃しませんでした。
阪神のゲームプランの微妙な狂いを突いて逆転した巨人打線は見事でしたね。

第1戦の記事で、このCS 1stステージは弱さ較べと書きましたが、阪神の勝負弱さが出てしまったようです。
巨人としてはポストシーズン経験の豊富さで、ひとつ上を行けました。
いや~、随分と長く書いてしまいました。
それだけ書くことが多い面白い試合でした。巨人も阪神もご苦労様でした。
巨人にはFinalステージがまだ残っています
CS Finalステージ展望はまた後ほど(書きました)。

<トラックバック送信>
今日の巨人-2010/10/17-
必然の敗戦 (安威川敏樹のネターランド王国)

|

« 2010/10/16CS 1stステージ第1戦 阪神vs巨人 | トップページ | 2010セ・リーグCS(クライマックスシリーズ)展望~Final(ファイナル)ステージ »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/49770920

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/10/17CS 1stステージ第2戦 阪神vs巨人:

» 今日の巨人-2010/10/17- [今日のジャイアンツ ]
阪神6−7巨人 あれ?ファーストステージ突破しちゃったじゃないか! こうなると阪 [続きを読む]

受信: 2010-10-17 22:20

» 阪神の高橋光が引退=プロ野球 [サッカーはエンターテインメントだ!]
阪神は22日、高橋光信内野手(35)が現役を引退し、2軍打撃コーチに就任すると発表した。中日と阪神でプレーし、通算398試合で21本塁打、打率2割5分3厘。今季は代打として7試合に出場した。... [続きを読む]

受信: 2010-10-22 20:35

« 2010/10/16CS 1stステージ第1戦 阪神vs巨人 | トップページ | 2010セ・リーグCS(クライマックスシリーズ)展望~Final(ファイナル)ステージ »