« ソニーGoogle TV安すぎワラタ | トップページ | 冷麺的Megadeth最高傑作"Cryptic Writings" »

2010-10-14

2010ドラフト展望(その3)

パ・リーグCS Finalステージ第1戦を見ていました。
ものすごい投手戦で見応えバッチリでしたね。成瀬の気迫満点の1失点完投は素晴らしかったです。
中継が危ぶまれていたセCS 1stステージですが、BS hi 104chでやるみたいですね。
実は冷麺はスカパー契約してるのに、チューナーの不調でG+とsky Aが観れないんです。・゚・(ノД`)・゚・。
BS hiの予備チャンネルでの中継みたいですが、これでなんとか観れそうです。

さて、ぼちぼちスポーツ新聞でのドラフト予想が出だしているので、冷麺の独断と偏見でまとめてみます。

ソフトバンク ?大石達也投手(早大)
中日 ○大野雄大投手(佛教大)
西武 ?榎田大樹投手(東京ガス)
阪神 ○大石達也投手(早大)
ロッテ ◎斎藤佑樹投手(早大)
巨人 ○澤村拓一投手(中央大)
日本ハム ○澤村拓一投手(中央大)
ヤクルト ◎斎藤佑樹投手(早大)
オリックス ○大石達也投手(早大)
広島 ?澤村拓一投手(中央大)
楽天 ?大石達也投手(早大)
横浜 ?大石達也投手(早大)

この予想が当たるかと言えば、当たりません
逆指名ドラフト時代と違って、スポーツ新聞もかなり外してますからね。
逆指名時代は下位指名まできれいに当たっていました

    ほとんどの方は逆指名より、今の入札制ドラフトの方が面白いと感じてらっしゃるのではないでしょうか?
    ところが、2ちゃんねらーでドラフトスレに入り浸ってる連中はちょっと違ったり。
    逆指名時代は一年中楽しめたんですよ。
    あのチームは誰を狙ってる、ああいう動きがあった、あそこのスカウトが発言したみたいな感じで。
    一年中、煽り煽られの大騒ぎですw
    その代わりドラフト当日は結果が出てるも同然なので、面白くもなんともない。
    入札制のドラフト当日は予想もしないドラマが起こるので面白いです。
    その代わり、普段は確かな情報がほとんどないので、煽りにも身が入らないw
    まあ、(冷麺含む)2ちゃんねらーの歪んだ楽しみなんでどうでもいい話なので、入札制がいいでしょうね。
    冷麺はNPBのドラフトは入札1位の後の外れ1位から完全ウェーバーにすると良いのではと考えています。
    その辺がドラフト改革の落とし所ではないでしょうか……

予想なのですが、斎藤投手を明言している2球団(ロッテ、ヤクルト)は確定と考えていいと思います。
巨人、日ハムの澤村投手、関西2球団の大石投手もほぼ確実ではないでしょうか。
大野投手には故障情報が出ていますので、投手力に余裕のないチームは手を出せないでしょう。
事情が許す中日が一本釣りを望めば、阻むチームは現れないでしょう。

    <2010/10/18追記>
    中日スポーツに中日の大野投手回避、澤村投手獲りへの記事が出ました。
    肩の故障が重いんでしょうか? 凄い投手なだけに心配です。

他のチームは多分に読めない要素があります。
ソフトバンクはこれ以上リリーフを増やしてどうするつもりなんでしょうか?
攝津が先発転向なんて話も一部で出ているようではありますが…
西武はナベQが左投手即戦力の補強をフロントにお願いしたとか。
そうなると榎田投手か塩見貴洋投手(八戸大)あたりになりますでしょうか。
広島は有力スカウトが熱心らしいので、澤村投手と予想しておきました。
球団のパイプ的に加賀美希昇投手(法政大)も考えられます。
楽天は独自色が強いことに加えて、もし星野政権発足となるとまったく読めなくなりますね。
星野氏は監督時代、補強とドラフトには豪腕ぶりを発揮してましたから、かなり考えてくるはずです。
将来の中心選手としてキャプテンシーも期待できる伊志嶺翔大外野手(東海大)を思い切って一本釣りとか。
横浜は身売りが問題となります。
決裂しなければ11/1に発表らしいのですが、それだとドラフトに間に合いません
スカウトは身動きとれない状況でしょうね。守りのドラフトは免れないでしょう。
現場は左投手を要請しているというニュースが流れた直後、左にこだわらずとなったり混乱気味です。

ちなみに報知では澤村投手は巨人以外は拒否もと報道されましたが、それは無いと思います。
スカウトは入団させるプロですからね。そうそう断り切れるものではありません。
長野はちょっと特殊ですよ
江川と元木は周りの大人がガチガチに固めて、本人の意思すら関係無い状況だったらしいですし。
ですから澤村投手は巨人以外でも入団すると思います。
そうなると気になるのは広島が来るかどうか。
広島は3球団競合だと、やけにクジ引き強いんですよ。

それから一二三慎太投手(東海大相模)はプロ志望届を提出しました。

  • 東海大相模・一二三がプロ志望届提出
  • ドラフト当日まで、もう一回くらい予想するかもしれません。

    <関連記事>
    2010ドラフト展望
    2010ドラフト展望(その2)
    2010ドラフト展望(その4)
    巨人沢村獲り(スポーツ報知)
    2010ドラフト会議 巨人は澤村拓一投手(中央大)の単独1位指名に成功!

    |

    « ソニーGoogle TV安すぎワラタ | トップページ | 冷麺的Megadeth最高傑作"Cryptic Writings" »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/49744065

    この記事へのトラックバック一覧です: 2010ドラフト展望(その3):

    « ソニーGoogle TV安すぎワラタ | トップページ | 冷麺的Megadeth最高傑作"Cryptic Writings" »