« 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由 | トップページ | 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3) »

2011-03-20

私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その2)

その1を書いた時点からも、事態が色々と動きました。
どうやらセ・リーグの開幕は3/29へ延期という事になりそうです。

  • セは開幕29日に延期 デーゲーム、延長戦なしで対応へ (スポーツ報知) 2011年3月19日22時09分
  • セ29日に開幕延期、4・3までデーゲーム (ニッカンスポーツ) [2011年3月19日21時35分]
  • セ・リーグはいったん3/25開催を決定しましたが、文部科学省などの要請を受け延期の検討を余儀なくされていました。

  • 巨人が開幕延期を検討へ、連休中に結論か (スポーツ報知) 2011年3月19日10時50分
  • ともかく延期を決め、デイゲームと延長戦無しなどで電力事情にも配慮することになりました。
    これでなんとか開幕できるかと言うと、どうも雲行きが怪しくなってきてます。
    冷麺が開催派に転向してたときに懸念してたことが、予想外に理不尽な障害になる可能性が出てきました。
    ネットでは延期派はシーズン中止派までに発展しそうな勢いです。
    どうも感情面ばかりが先行しがちなプロ野球開幕延期論について、冷麺なりの反論を展開してみようと思います。

    前回は、スポニチの怪しい記事(googleキャッシュ)を分析してみました。
    あの記事を読んで冷麺は「マスコミは3/25開催を巨人に直結させ、悪い事として扱いたいのではないか?」と考えました。

    東北関東大震災は未曾有の大災害です
    マスコミもネタに困らないような気がしますが、大災害すぎて他のニュースを圧殺するレベル。
    被災地のニュースばかりでは読者の気も滅入ってきます。
    原発状勢は今なお予断を許しませんが、こちらも洒落にならなすぎます。
    大きく扱わなければならない割には読者(視聴者)の受けはイマイチではないでしょうか。

    そんな中でマスコミが扱う次の話題としてはプロ野球開幕問題は手頃だったのでしょう。
    プロ野球開幕も東北関東大震災の影響を受けざるを得ず、様々な問題が浮上していました。
    そこで問題を真摯に検証してもらえれば冷麺としても良かったのですが、ここでマスコミの悪癖が顔を出します。
    「短絡的に分かりやすい図式を演出する」という悪癖です。
    マスコミはとにかく売らんかなの姿勢で分かりやすい図式を作り上げようとするんです。
    人間は分からないものには関心薄いですから、情報を受け取る我々にも一部責任があるとも言えなくもありません。
    しかし、分かりにくいものを分かりやすく伝えるのが本来のマスコミの在り方でしょう。
    これが逆転して、事実はどうあれ分かりやすい図式に物事を当てはめてくるのが現在のマスコミです。

    ちょうど良い具合にナベツネ氏の「勝手にしろ」コメントもありました。
    「悪い巨人が被災者を無視して開幕を強行しようとする」という図式を描くにはもってこいの状況です。
    その図式さえ確立してしまえばマスコミのペース。記事を書くのも楽、売るのも楽です。
    そこに事実や込み入った周辺事情は必要ありません。むしろ邪魔です。
    そういったマスコミの安直なスタンスの象徴が、スポニチの奇怪な記事(googleキャッシュ)ではないでしょうか?

    開幕延期論はムードに流されたものであり、本質的な問題を無視している。
    マスコミがその空気を先導しようしている。
    これが冷麺が3/25開催派に転向した理由です。

    それではプロ野球を近々開幕することは果たして悪い事なんでしょうか?
    開幕に否定的な見方には、冷麺はかなり疑問を覚えます。

    ドームクラスの球場で生観戦した経験がある人ならば、プロ野球は一つの巨大な産業であることを実感されると思います。
    両チームの選手・監督・スタッフはもちろん、数万人の観客が一度に集まるわけです。
    警備員や売り子等の球場スタップも大人数です。食事やグッズも大量に売れます。
    周辺の店舗や交通機関にも大きな影響を与えます。
    この不景気な日本で、大災害の後であるからこそ潰して良いものなんでしょうか?

    長くなったので、また回を分けます(小ネタのつもりだったのに3回以上になってしまうとは…)
    「潰せなんて言ってない。少し延期しろということだ」という反論もあるでしょう。
    しかし延期派の言い分を真に受けると、それはプロ野球を潰しかねないムチャクチャを言ってるんです。

  • 「被災者の心情を考えて自粛するべきでは」
  • 「電力事情が厳しい今、ドームで野球をやるべきではない」
  • 延期派の主な根拠はこの2つだと思います。
    便宜上、自粛説電力説と呼びますが、次回はこの2つに反論を行う予定です。
    書きました(…が自粛説への反論のみとなりました。まだ続きます('A`))

    <おまけ>
    選手から出る延期希望は自粛説、電力説によるものばかりで辟易していました。
    冷麺は以前の記事「安全面をもっと気にかけるべき」と主張しましたが、ここにきて小笠原選手が安全面を指摘してくれました。
    さすがガッツ!

  • 小笠原、「観客の安全第一」強く訴え (スポーツ報知) 2011年3月19日06時01分
  • <関連記事>
    プロ野球は予定通り開幕すべきか?
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その1)
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3)
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その4完結編)
    2011プロ野球セ・パ開幕騒動を振り返る

    |

    « 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由 | トップページ | 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3) »

    ニュース」カテゴリの記事

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51164940

    この記事へのトラックバック一覧です: 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その2):

    « 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由 | トップページ | 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3) »