« 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その2) | トップページ | 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その4完結編) »

2011-03-21

私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3)

その1ではスポニチの怪しい記事(googleキャッシュ)を、その2では開幕延期を唱えるマスコミのうさん臭さについて書きました。
今回から2回に分けて(まだ続くのかよ(;゚д゚)!)、延期派の主な根拠であると思われる

  • 「被災者の心情を考えて自粛するべきでは」(以下、自粛説
  • 「電力事情が厳しい今、ドームで野球をやるべきではない」(以下、電力説
  • の2つについて反論を行ってみようかと思います。

    今回は自粛説についての反論です。
    冷麺の個人的な被災体験からくる感情としてはこちらをご覧ください。
    冷麺は被災地の外で暮らしている人達には普通にくらして欲しいと思っていました。
    でもそれは個人的な感想にすぎませんので、もう少し細かく考えてみましょう。

    自粛しなければならないものは、なんといっても不謹慎なものでしょう。
    冷麺でもバラエティで被災者をコケにしたり、(扱いにもよりますが)地震をネタにされたらさすがに切れていたと思います。
    先日、3/19辺りからテレビはほとんど通常フォーマットの放送に戻っています。
    おちゃらけバラエティもどんどん再開しています。
    アニメのコナン君もやってて、「これ、殺人アニメちゃうんか?」と冷麺はいぶかしんでしまいましたw

    娯楽産業も普通に営業しています。
    テレビが東日本大震災一辺倒のこともあってレンタルDVD店は大盛況でした。
    パチンコ店なんかそれこそ東京ドームもかくやというまばゆさで営業してました。
    映画館も一部試写会イベントなどが中止になったようですが、営業を続けています。
    現在上映中の映画には津波のシーンを含むものまであるそうです。

    いずれもプロ野球のように非難されてはいません。わずかにネットでパチンコが非難されている程度です。
    これらに較べてプロ野球は果たして不謹慎なものでしょうか?
    冷麺はどうしてもそうは思えませんね。

    プロ野球と似たような状況で開幕を迎える選抜高校野球大会(春の甲子園、以下、選抜)についても考えてみましょう。
    選抜は当初の予定通り3/23からの開催です
    実は冷麺は選抜の予定通りの開催は無謀ではないかと思っていました。
    東日本大震災が発生した3/11の時点で、この震災はとてつもないものだと直感したからです。
    東北地区の3校はそれこそ「野球どころじゃない」状況なのではないかと。
    (実際、東北高校はボランティアで野球の練習どころではなかったようです)
    幸い、と言ったらそれこそ不謹慎ですが、光星学院(坂本の母校ですね)の青森、21世紀枠の大館鳳鳴の秋田は死傷者数が少ないようです。
    阪神淡路大震災の例から見て、死傷者が青森と秋田でも時間をかけて増える可能性はあります
    とは言え光星学院の八戸は津波でかなりの被害を受けています。
    そして多数の死傷者が出た宮城の東北高校は「被災者に希望を与える」健闘を期待されて今大会一番の注目校となりました。
    選抜はプロ野球以上に「強行開催」と言える状況ですが、やはり非難はされていません。

    他と較べてどうこうというのは、ちょっと逃げの論理かなと思います。
    実はプロ野球に先駆けて、ファームの公式戦は3/19に開幕しています。
    これについても非難の声は皆無です。
    この時点でプロ野球が不謹慎ということは無いでしょう。二軍とは言えプロ野球には違いありません。

      冷麺はたまたまG+でその試合(巨人-日本ハム)を見ました。
      連休中ということもあり子供の声が響いてました。ファームらしいのどかさも感じさせる良い風景です。
      「プロ野球がファンに夢を与える」ことにやはり間違いは無いと確信を深める試合でした。

    プロ野球が不謹慎でないなら自粛はしないでもいいのではないでしょうか。
    いやいや、今は時期が悪いという意見もあるかと思います。
    それについては様子見の期間は過ぎて不謹慎でない以上、やれるのならやるに越したことはないと主張します。

    その2でも言いましたがプロ野球は産業と言えるほどに多くの人が関わっています。
    いたずらに延期することはそれらの人の仕事を取り上げることを意味します。
    延期で職を失う人が出たら、それはもはや被災者ですよ。
    行き過ぎた自粛は有害です。間接的な被災者を増やすに等しい行為です。
    自粛ムードで延期を安易に認めるわけにはいきません。

    安易に延期派の言い分を飲む危険性は、周辺分野の経済的ダメージに留まりません。
    球界自体を直撃する可能性が非常に高く、今オフにまたぞろ球界再編騒動が再燃する引き金となり得ます。
    詳しくはまた次回に書く予定です。

    今回は自粛説についての反論をしましたが、延期派は電力説が中心の意見の方々が多数派だと思います
    次回はその電力説について反論を展開します。

      …が、そもそも「電力消費がけしからん」という話も急に持ち上がったような気がします。
      選手会の主張は厭戦気分が今でもメインに思えます。当ブログで言う自粛説ですね。
      自粛説電力説、その他で複合的に3/25開幕叩きをしたら、電力説が最も説得力があったということでしょうか
      しかし電力説にしても結局はまやかしです。

    その4完結編

    <関連記事>
    プロ野球は予定通り開幕すべきか?
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その1)
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その2)
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その4完結編)
    2011プロ野球セ・パ開幕騒動を振り返る

    |

    « 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その2) | トップページ | 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その4完結編) »

    ニュース」カテゴリの記事

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    内容から察するに賢者かもしれません。
    情報交換させていただけるとうれしいです。

    わたくしのも遊びにきてください。

    『人生の歩き方』
    http://blog.livedoor.jp/imentor1987/

    投稿: yoshi | 2011-03-21 06:47

    yoshi様、コメントありがとうございます。
    賢者なんてとんでもありませんw
    よろしければこれからも冷麺のちたいくうblogをよろしくお願いします。

    投稿: 冷麺 | 2011-03-22 22:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51175277

    この記事へのトラックバック一覧です: 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3):

    « 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その2) | トップページ | 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その4完結編) »