« 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3) | トップページ | 冷麺的2011プロ野球セ・パ開幕延期案 »

2011-03-22

私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その4完結編)

今まで3回(その1その2その3)に渡ってセ・リーグ開催延期派への反論を展開してきました。
今回は最近の延期派の主流である、

  • 「電力事情が厳しい今、ドームで野球をやるべきではない」(以下、電力説
  • という主張に対し反論してみます。

    そもそも発電した電力は貯めておけません
    厳密に言うと貯める手段が無いわけではありませんが、日本あるいは関東の電力を賄うことはできません。
    もし貯めることが出来るのなら、今のような事態に備えて電力貯蔵施設を作ることが可能なはずです。
    計画停電なんて事態にはならないわけですが、残念ながらそんな施設はありません。
    電力が貯めることができないことを納得していただけたかと。

    電力を貯められないということはつまり、節電した分、後でまとめて使うなんてことは出来ないことを意味します。
    停電まで至らないなら、ギリギリまで使っちゃった方がもったいない精神を持つ日本人としてはお得
    ですから清武球団代表が発言したとされる「(停電の範囲外では)やってもいいということ」はその通りなんです。

  • プロ野球:セ「25日開幕」で一致 選手は困惑 (毎日) 2011年3月16日 21時05分(最終更新 3月16日 23時40分)
  • 納得出来ませんか?
    まあそうでしょう。これは前提条件を理解していただくためのウォームアップの詭弁に過ぎません。
    とは言え停電に至らない限り電気は使えることは間違いではありません。
    昨年まで皆さんそうやって暮らしてきたのですから。

    それでは東京ドーム(以下、この記事でドームと言ったら東京ドームのこと)の電力消費について検証してみましょう。
    ドームは1試合で一般世帯6000戸分の電力を消費すると言われています。
    マスコミが最近よく引き合いに出すのでご存知の方も多いでしょう。

  • 東京ドーム消費電力、一般家庭の6千世帯分「対策検討」 (朝日) 2011年3月19日9時27分
  • プロ野球:ドーム1試合で6000世帯の1日分電力消費 (毎日) 2011年3月17日 19時21分 更新:3月17日 20時26分
  • 朝日の記事はライトアップされた綺麗な写真もあって説得力抜群ですねw
    ところが冷麺は「6000戸分」という数値を見て「あれっ?!」と思ったんです。

    「以前、4000戸分というデータを見たことあるぞ」…と

    ググってみたら見つかりました。

  • 節電難しいドーム=プロ野球 (時事ドットコム) (2011/03/17-23:22) ─①
  • いまではすっかり「6000戸分」という数値が主流になっています。
    おいちょっと待て! 5割増じゃないか(#゚Д゚)
    この記事を書くためにあちこちググりまくったのですが、その時にこんな記事まで見つけました。

  • 最大6200世帯分 東京ドームのナイター開催消費電力 (スポニチ) [ 2011年3月20日 07:51 ]
  • また増えてる…('A`)
    まるで南京大虐殺の死者数のごとく増えています。しかも例の記事のスポニチさんじゃないですか。
    おや? googleのキャッシュも消えてますね。googleのロボットが削除後にクロールして消えたか、あるいは……
    全文引用しないのが冷麺のスタンスなんですが、どうしようかな…
    とりあえず興味有る方は(妻と息子は行方不明 被災の巨人ファン「球団に裏切られている 悲しい」 )でググってください。
    こういうことをするのがマスコミなんですね。
    ともかく電力説に対抗するということで、ここではより不利な6200世帯分というデータを採用します。
    これほどの電力消費となると、まるでドームでナイターを行った瞬間にぷちっと関東全域が停電してしまう印象があります。
    でもそれは有り得ません

    東京の世帯数を600万とします(資料※PDF)。実際にはもう少し多いはずですが、敢えて不利な数値を採用します。

    6200 / 600万 = 0.001033 = 0.103%

    ドームが使う電力は東京都の0.1%に過ぎません。
    たった0.1%ですが冷麺的にはかなり大きい値だなと思います。確かに一施設が消費する電力としては桁外れです。
    しかしパーセンテージとしてはこの程度に過ぎません。

    実はもっと負担は軽いのです。東京電力ですから関東全域で考える必要があります。
    関東の世帯数は1700万です(実際にはもっと多いです)。

    6200 / 1700万 = 0.000365 = 0.0365% ─②

    繰り返しますが、一施設の消費電力としては桁外れです。
    関東全世帯に対するパーセンテージも相対的に見れば大きいと冷麺は思います。
    しかし0.0365%に過ぎないのもまた事実です。

    実は負担はもっと軽かったりします。関東1700万世帯の根拠はビデオリサーチ社のデータを使いました。
    これは静岡を含めた1都7県です。東京電力の担当地域としてこれに山梨が加わるのです。

    更に更に負担は軽いテレビショッピング状態です
    電力は家庭だけに供給されてるわけではありません。
    電力需要は産業、民生の2種類にまず分類されます。民生が更に家庭と業務の2種類に細分化されます。
    全体の電力需要の中で家庭の電力消費は30%前後です。どんなに多くても40%には届きません。

    しかも清武球団代表はドームでの試合は消費電力40%削減を目標にすると宣言しています。

  • セは29日開幕 延長なし、4・5からは減灯ナイター (スポーツ報知) 2011年3月20日06時04分
  • 東京ドーム40%節電 巨人が削減案 (サンスポ) 2011.3.20 05:05
  • この話を聞いたときは冷麺はギョッとしました。
    この手の電力削減案は20%も削減できれば通常大成功です。
    ショーアップで無駄に使っていた分、削減幅も大きいということでしょうか?

    とりあえず電力説に有利なデータを採用しましょう。
    山梨の分は無視、家庭用の電力消費が40%、ドームの消費電力は20%削減の80%で計算してみます。

    0.0365% × 40% × 80% = 0.0117%

    0.0117%の上乗せで停電するレベルなら、もうドームがどうという問題ではありません。
    ドームはもちろん、それ以外の地域や施設でも大規模に計画停電を行う必要があります。
    ドームナイターで関東全域ぷちっと停電は脳内で勝手に肥大化させたイメージに過ぎません

      本当は電力使用の時間帯での偏りを考慮する必要があります。
      おそらくはそこまで計算したら、冷麺の反論にはちょっと不利になるかと推測します。
      でもここでは計算しません。それは電力説を採る人がデータを探して検算してくださいw
      どっちにせよ「ドームナイターで関東全域ぷちっと停電は嘘」という結果は揺るがないでしょう。

    で、今までの計算はこれもまた嘘だったりします。
    マスコミ(スポニチ)の言う、ドームは6200戸分の電力を消費するというまやかしから逆算しただけです。
    もう少し真っ当な検証をしてみましょう。

    ドームの試合時の電力消費は6万kWhと言われてます。
    これは「ドームは一般家庭何千世帯分を~」と言い出す記事に共通する数字です。
    ここで東京電力の電力供給値を調べてみます。

  • 電力需要実績(2009年度) (※PDFです)
  • 2ページ目を見ると東京電力の販売電力量は280,167,440となっています。単位が千kWhですから280,167,440,000kWh。
    ドームの6万kWhに単位を合わせると28016744万kWhとなります。
    年間販売量ですから1日当たりだと365で割って、712787万kWh。更に1時間当たりだと24で割って2969万kWh。
    平均して3000万kWを発電しているということでしょうか。
    ここでこの前行われた計画停電の記事を見てみましょう。

  • 計画停電、16日大幅拡大=2度実施地域も-東電 (時事ドットコム) (2011/03/16-01:19)
  • (~前略)
    東電は16日の電力需要を最大3800万キロワットと予想。
    東日本大震災による福島第1、第2原発などの稼働停止の影響で、電力供給は3300万キロワットにとどまり、電力不足は15日の200万キロワットから500万キロワットに拡大する。

    (後略~)

    計画停電の記事だと需要が3800万kWで供給が3300万kW。販売電力量から計算した平均供給が3000万kW。
    桁が合ってますし妥当なところです(この手を数字を比較するときは、まず桁が合っているかを見るのが基本です)。
    これに対しドームの電力消費はどの程度でしょうか?

    6万kWh / 3000万kW = 0.002 = 0.2%

    0.2%。それっぽっちかと思う人もいるかも知れませんが、これだとちょっとヤバいです。
    冷麺なら「東京ドームは電力の無駄使いだ!」という主張に転向するレベルの高い数値です。
    …実は上の計算は単位が合っていないので間違いです。
    6万kWhのh、これが重要なんですね。これはドーム1試合分の電力消費の合計を意味しています。
    1試合分と言うなら3時間で割ればいいのかというと、それでは足りません。
    これはイベントとしての試合の1日の電力消費です。
    まあ若干電力説に有利な値は取りますが、ドームの開場16:00から計算しましょう。
    G+で直生を見たことがある人なら分かりますが、本当は14:30の練習時点から照明は全開です。
    18:00から3時間試合をして、ヒーローインタビューや客出しでうだうだ1時間くらいはあります。
    計6時間、そのくらいが電力消費全開の時間帯でしょう。なので6で割ります。

    6万kWh / 6h / 3000万kW = 0.000333 = 0.0333%

    これなら十分吸収できるレベルでしょう。「ドームナイターで関東全域ぷちっと停電」は免れるはずです。
    しかも奇しくもと似たような値になりました。夜間の産業用電力の需要が激減すると推測すると妥当ということでしょうか。

    どうでしょう。電力説を主張するなら、マスコミはこの程度の試算は紹介するべきだと思いませんか?
    「ドームの消費電力は6200世帯分」のようなイメージ操作は止めて欲しいです。
    ドーム○杯分で例えるこども図鑑レベルじゃないですか。
    この程度のイメージ操作に騙された結果が、今のセ・リーグ(巨人)バッシングです。情けないですよ。

    まだドームナイターで停電が心配でしょうか?
    そんなあなたは一刻の猶予もありません。ドームを即刻営業停止にするべきです。
    実はドームはナイターをやってなくても、存在しているだけで少なくない維持電力を消費しています
    ソースによれば、試合で3~4倍電力を消費するそうですから、維持電力は1.5~2万kWhの計算になります。

    <2011/03/24追記>こちらの記事によればドームの維持電力は1.5万kWhです)

    ドームナイターで停電するなら、普段の維持電力で既に停電の危機です。
    ドームあるだけで関東ヤバい\(^o^)/
    しかしネット上の悪ノリ以外ではドームを営業停止にしろという意見は聞きません。
    危険性に大差が無いのにナイターだけが槍玉に挙げられているのです。
    マスコミのイメージ操作がまんまとハマっています。

    それでも、やはり心配ですか?
    杞憂ですってば。
    3/25開催案だった時点でも、電力事情によっては中止される予定でした

  • セ・リーグ25日開幕決定…加藤コミッショナー「国難の時こそ真剣勝負を見せるのが責務」 (スポーツ報知) 2011年3月18日06時00分
  • (~前略)
     この日、首都圏では電力不足のため、夕方から大規模停電の可能性があった。
    もしも、開幕の日に同様のケースが起きたら…。
    新(あたらし)理事長は「準備を粛々と進めるが、状況を見て中止を判断する。今日のような大規模停電は(中止や延期の)対象になるかもしれない」と説明した。

    (後略~)

  • 25日開幕…清武代表「野球をやるのが責務」  (スポニチ)  [ 2011年3月18日 06:00 ]
  • (~前略)
     清武代表は「計画停電などがあれば国の方針に従う。最初から覚悟の上」と柔軟な姿勢も示し「私の家族も(被災地の)周辺にいる。誰よりも犠牲者の方々に哀悼の気持ちはある」とも語った。
    (後略~)

    なぜか皆様は行われないはずのナイターで停電を心配していたんです。
    マスコミは停電の恐れに対する中止はあまり取り上げらずに、「ドームは何千世帯分の電力消費」は取り上げまくりました。
    これなんか間違いなくイメージ操作です。
    その結果、今では「ドームでの試合は一切まかりならん」レベルに電力説が暴走しています。

    関東地区でのナイターを認めない人の中には、

  • 「電力事情が回復するまで西日本でゲームを行えばいい」
  • 「平日もデイゲームをやればいい」
  • と主張する人もいます。
    一見もっともらしいのですが、これはリーグを破滅に導くとんでもない話です。
    彼らが嫌っているはずのナベツネ氏も真っ青な一リーグ実現案に等しい話です。
    なぜプロ野球が数万人に及ぶ観客を集められるか考えてみてください。
    フランチャイズを構え、数か月前からチケットを販売し、多くの人が球場に来れる時間に開催するからです。
    西日本開催案や、平日デイゲーム案は各球団の収入に致命的な打撃を与えます
    身売り騒動のあった横浜、赤字削減を事有る毎に言いながら不可解なトレードを繰り返すロッテ。
    誤報でしたがヤクルトにも身売り騒動はありました。前回の球界再編騒動では西武消滅も噂されました。
    西日本開催案平日デイゲーム案を強行すれば今オフにまた球界再編騒動が再燃することは必至です。
    これらの案は節電ヒステリーの短絡的な思考に過ぎず、それこそプロ野球を破滅に導くことになります。

    選手会が主張する開幕延期にも釘を刺しておきます。
    延期はプロ野球が自分で自分を苦しくするだけです。
    夏場になると冷房需要で電力消費のピークが来ます。そうなると関東のチームはいよいよ身動き取れません。
    いったん開幕したと言う形を作って春先に出来るだけゲームを消化し、そこから弾力的に運用した方がいいんです。
    「イメージダウンした中でやっても客は来ない」と言う人はマスコミのイメージ操作を受け入れています。
    無闇にプロ野球のイメージダウンを招く報道のあり方に不満をぶつけるべきです。
    そもそも周辺事情を考えたら開幕「強行」でもなんでもありません。

    まるで陰謀論者のごとく(確かに冷麺は陰謀論大好きですがw)マスコミのイメージ操作と連呼してしまいました。
    その前振りとしてその1その2があります。長々と書いて来たのは無駄じゃなかった(と思いたいですw)。
    震災発生前を思い出してください。マスコミは佑ちゃん、佑ちゃんの連発でした。
    マスコミが安直に書ける、売れる題材だったからこそ、うんざりするくらいの佑ちゃんプッシュだったわけです。
    今はどうですか? さっぱり取り上げれなくなり、替わりが開幕強行騒動です。
    冷麺は震災や原発で気が滅入る今こそ、佑ちゃんの爽やかさを上手くニュースにして欲しいと思うのですが
    それもこれも震災前は佑ちゃんが扱いやすく、今は開幕騒動が扱いやすい。
    ただそれだけの話です。

    最悪なのは煽った末にプロ野球がどうなろうと知ったこっちゃないというマスコミのスタンスです。

  • 「開幕はセパ歩調を合わせて4/12以降に行う」
  • 「関東のチームは平日デイゲームか、西日本で試合を行う」
  • 今のムードを真に受けてこんなことをそのままやったら、既に述べたように球界再編騒動再燃に一直線です。
    あの騒ぎを再び望んでいるプロ野球ファンがいるのでしょうか?

    自粛説、電力説に対する反論はこれでひとまず終わりです。
    冷麺はこの駄文に納得してくれと言いません。
    延期やナイター自粛に本当にメリットがあるのか、御自身で考え直していただけると幸いです。

    <2011/03/24追記>
    その後、ドームの消費電力について一般家庭3500世帯分というソースも見つけました。

  • プロ野球、節電課題 東京ドームのナイター3500世帯分 横浜、開始時間前倒し検討 (日経) 2011/3/17付
  • 「少なく見積もっても、~」との但し書きがある記事ですが、スポニチの6200世帯分だと実に1.77倍となります。
    なんなんだよスポニチ…

    <関連記事>
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その1)
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その2)
    私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3)
    プロ野球は予定通り開幕すべきか?
    2011プロ野球セ・パ開幕騒動を振り返る

    |

    « 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3) | トップページ | 冷麺的2011プロ野球セ・パ開幕延期案 »

    ニュース」カテゴリの記事

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51185008

    この記事へのトラックバック一覧です: 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その4完結編):

    « 私がセ・リーグ3/25開催派に転向した理由(その3) | トップページ | 冷麺的2011プロ野球セ・パ開幕延期案 »