« 2011/04/15広島vs巨人 | トップページ | 2011/04/17広島vs巨人 »

2011-04-16

2011/04/16広島vs巨人

グライシンガー2回4失点KO、巨人10安打も初回ラミレス2ランの2点のみ

広島4-2巨人 詳細

勝敗に関してはグライシンガーに尽きます
初回からめった打ちに逢い、アウトにしてもほぼ捕らえられた打球です。
とにかく広島のバッターが一振りでいい当たりしますから、どうやってアウトを取ればいいのか分からない状態でした。
グライシンガーは元々カープに相性が悪く冷麺も心配していました。
中にはカープに相性悪いから回避すべきだったと極論を言う人もいるかもしれません。
でも開幕初っ端から一回り相性気にして投げさせない訳にもいかないでしょう。
グライシンガーは外国人枠の関係でいったん抹消され、次回登板は10日後以降になると言われています。
次回登板でもこの内容だとローテを外さざるを得ません。なんとか修正してほしいですね。

攻撃面では今日もラミレスの初回2ランで幸先良く先制しますが、後が続きません。
ヒットはコンスタントに出たのですが、タイムリーが出なかった。
ガッツと鶴岡がブレーキだったとも言えますが、どっちにしろ打ってくれるのを待つしかないですから。
惜しかったのは5回表、紺田・坂本の無死12塁の絶好のチャンス。
脇谷強行で痛烈な当たりがファーストライナーでゲッツーです('A`)
冷麺的オカルト野球論ではこういうときは、もう相手の流れです。我慢するしかありません。
以後、特に策を使える場面もなく、カープ先発ジオの負傷退場後を継いだ今村にプロ初勝利をプレゼントです。
今村も良いピッチングでしたけど、6安打浴びせてるんですけどね。
まあランナーを返さないのが良いピッチャーと言えばそれまで。
なんか去年から相手チームを引き立たせる流れが続いてるなあ。

この試合でついにアルバラデホがベールを脱ぎました
5回から2イニングを無安打無失点に抑えています。
中継のスピードガンだと145km/hを越えてきてますが、どうですかねえ?
見た感じ中継のスピードガンはどの投手でも低目の球はやけに速く計測する印象がありました。
印象と違う、あれっ?と思う数値を計測することが多々有り、全面的には信用できない気がします。
とは言え、キャンプの頃より速くなって来ているのは間違いなさそうでした。

じゃあクローザーで使えるかと言えば、これが微妙なんです。
まず空振りを取れるキレがあるストレートではありません。問答無用で詰まらせる球威があるかと言えば、それも無いと言う。
終盤1イニングを牛耳る迫力は無かったですね。勝ちパターンを任せるのは結構怖いです。
替わりに意外にもコントロールはまとまっていますし、カーブでストライクも取れたりする。
ビハインドとは言えランナー出しても意外に落ち着いていました。

「あれ? アルバラデホひょっとして先発向きなんじゃね?」

以前の記事で冷麺は原監督のアルバラデホ先発案を一笑に付しました。
グライシンガーがこの状態では、アルバラデホ先発案が一気に魅力的に思えてきます。
さすがプロの見る目は違うと感心してしまいましたw
本当に先発転向なら、巨人の先発ローテーションの非常事態を意味します。
しかし今日のピッチングを見る限り、ファームに置いとくのはもったいない。
果たしてアルバラデホがどういう起用になるのか、注目してみたいと思います。

<関連記事>
巨人新外国人ストッパー、ジョナサン・アルバラデホ投手獲得へ

|

« 2011/04/15広島vs巨人 | トップページ | 2011/04/17広島vs巨人 »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51406505

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/04/16広島vs巨人:

« 2011/04/15広島vs巨人 | トップページ | 2011/04/17広島vs巨人 »