« 2011/04/13巨人vsヤクルト | トップページ | 2011/04/16広島vs巨人 »

2011-04-16

2011/04/15広島vs巨人

澤村プロ初登板! 6回2/3自責点0の好投もリリーフが捕まりドロー

広島4-4巨人 詳細

注目のルーキー澤村のプロ初登板初先発です
かなり緊張しているのが見て取れましたね。キャンプ・オープン戦ほどのびのび投げられていませんでした。
冷麺的に澤村の課題とする抜け球・逆球は少なかったのですが、今一つ思い切れなかったことの裏返しっぽかったです。

それでも流石の球威でストライクを取るのに不自由しません。
広島打線が打っていくと詰まって凡打。球数も6回2/3でわずか82球。
澤村はドラフト前から「澤村は速いけど空振り取れない」と評されましたが、それも必ずしも欠点とは言えないんです。
とは言え広島打線の非力さに助けられた感はありますね。
果たしてスラッガーが揃ったチームにも球威で押してペースを作れるのか、注目しています。

攻撃面では初回いきなりラミレス3ラン
しかし、以降の回は攻めあぐね3点差の余裕を活かすことが出来ませんでした。
キーポイントとなったのは6回表。
広島のリリーフ、ルーキー左Pの岩見からラミレスが2ベース、パンダ四球で更にパスボールもあり無死23塁の大チャンス。
冷麺はドラフトファンでもありますから、この岩見というピッチャーを多少知ってました。
三振を取れる球のキレを持ってますが、コントロールは運任せの度胸勝負の左ピッチャーですね。
奪三振か四球かという、プロだと阪神の江草に似たタイプです。
結果は長野が二ゴロ、ライアル四球で満塁となりますがカトケン・澤村が連続三振。
見事に岩見のジサク(・∀・)ジエンにハマりました。
ここで一気に流れが広島に傾いてしまいましたね。

この6回表は采配面でも不思議な事がありました
走者ラミレス・パンダの無死12塁の時点で、原監督は1塁走者のパンダに代走紺田を送っています。
7回ならまだしも、6回ではあまりにも主軸を下げて代走を送るタイミングとしては早い。
しかも勝負を賭けるというなら2塁走者に代走でしょうに、1塁走者のパンダを代えています。

この采配は後のイニングにも影響を与えました。
澤村が2点を失い1点差に迫られた7回表、代走から入った5番紺田に2死12塁のチャンスで打順が回って来ます。
ピッチャーは左の岩見が続投しています。紺田も左ですから、代打で矢野か谷が考えられる場面です。
ここで原監督は打席にはそのまま紺田、ラミレスに代走矢野を送り結局無得点です。
紺田には9回にも打席が回って来ますが、ここでもヒットは出ませんでした。

原監督の思惑としては、新戦力の紺田にチャンスを与えて力を見極めたかったんでしょう。
「代打は送らないから思い切ってやってみろ」くらいの心情だったかと。
シーズン序盤ならでは采配だと思いますが、あまりに合理性を欠いた起用は裏目に出ますね。
はっきり言って間違いだと思います
紺田を試すことは悪くないですが、もっと自然な場面を待った方が賢明でしょう。
この辺のちぐはぐさが残塁10の拙攻となってしまいました。

澤村以降のリリーフでは勝ちパターンのロメロが1失点、山口も1失点で不安を残しました。
2chでは早くも8回久保待望論が起こっていますが、冷麺はそれには賛同できません。
とりあえず8回ロメロ・9回山口は続けるべきでしょう。

まあ広島に完全に流れが行ってましたから、負けなくて良かったですね。
現状は引き分けも勝ちも同じですから(なぜか2chではこれが理解できない人が多かったです)。
プラス思考で行くしかないでしょう。
とは言え、こういう試合をやると次からの相手チームの集中力が半端無いですからやっかいなんですが。

|

« 2011/04/13巨人vsヤクルト | トップページ | 2011/04/16広島vs巨人 »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51399048

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/04/15広島vs巨人:

« 2011/04/13巨人vsヤクルト | トップページ | 2011/04/16広島vs巨人 »