« 2011/05/05巨人vs阪神 | トップページ | 2011/05/07中日vs巨人 »

2011-05-07

2011/05/06中日vs巨人

内海6回零封3勝目! 越智・久保・ロメロで完封リレー!

中日0-3巨人 詳細

いきなりぶっちゃけると、冷麺はこの3連戦まったく勝てる気がしませんでした
ナゴヤドーム中日のクリーンアップvs中日の内海
同じようにネガだった巨人ファンも多いのではないでしょうか?
グスマンとか言う不調外国人なんて、いかにも巨人が起こしそうなフラグびんびんに思えるじゃないですか。

しかし、現在の打率が示すようにドラゴンズ打線が非常に状態が悪かったです。
内海も球が走ってて調子は良かったと思いますが、ピンチは3回ありました。
去年の中日にはワンチャンスできっちり先制されていましたが、今日は打ち損じに助けられました。
クリーンアップで一番好調なのが.254のブランコですからね。
巨人ファン的には見るのも恐怖レベルだった森野和田が.200前後に低迷しており、正に数字通りの状態でした。
グスマンも扇風機型かなと思ったんですが、ブランコと違って当てに行くバッティングが目立ちます。
当てに来るならあまり怖くないです。寝た子を起こすのが大得意の巨人投手陣でも地雷の踏みようがありません。

ドラゴンズ打線の不調を割り引いても、巨人の投手リレーは良かったです。
先発内海6回零封を引き継いだ越智久保ロメロがきっちり抑えて完封リレー。
これに西村・アルバラデホを加えて、開幕からの懸案だったリリーフ陣の整備は目処がついたかなと

試合は初回、中日の先発チェンがいきなり先頭の坂本にストレートの四球。
故障上がりで今季初登板のチェンが定まりません。
……が、後が続かず脇谷の進める一塁ゴロで1死2塁の後、ガッツラミが凡退。
これですっかりペースを取り戻したチェンは2回以降は去年と変わらぬ力強いストレートのピッチング。

巨人打線がチェンを捉えたのは、疲れが見えてきた7回表。
先頭の亀井が一二塁間を破るライト前ヒットで出塁。
しかし続く7番ライアルでは策無しです。工夫無く打っていってライトフライ、1死1塁('A`)
チャンスは広がらないかに思えましたが、疲れてきたチェンを良く見てカトケンが四球を選びます。
ここで原監督は勝負に出ました。6回零封の内海に代打矢野
矢野もフォアボールでつなぎ2死満塁。これは良く選びましたね。この試合、影のMVPだと思います。
ここで打てなきゃ流れは中日という場面で坂本がきっちりセンター前に運んで2点タイムリー。ここでチェンはKOです。

その後2死満塁でラミレス。中日のピッチャーは河原に変わっています。
冷麺的にはリリーフ河原を巨人が打った記憶がほとんどありません。
いつも手元で動かす気持ち悪い球を打たされて凡退していました
期待せず見てたら、なんとラミレスが1球も振らずにストレートで四球を選び押し出し追加点です。
チャンスには異常なまでに積極的なラミレスですから、これにはびっくりしました。
珍しいものが見れました。でも着実に打点を稼ぐラミちゃんはさすが。本当に頼りになる4番です。

勝ったのは嬉しいのですが、145番しか頼りにならない巨人の問題点はそのままです。
逆に中日はチェンが普通に投げられたことで、落合監督などは「よし!これからだ」と手応えを感じた試合ではないでしょうか?
中日はチェン・吉見が揃ってからがペナントレース本番と考えてた節がありますからね

2戦目の先発は小山、3戦目はトーレスが予想されています。
前回、横浜戦の登板内容(小山トーレス)を考えれば、苦しい試合になりそうです。
それだけに初戦を勝てたのは、まずはほっと一息ですね。

|

« 2011/05/05巨人vs阪神 | トップページ | 2011/05/07中日vs巨人 »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51600021

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/06中日vs巨人:

« 2011/05/05巨人vs阪神 | トップページ | 2011/05/07中日vs巨人 »