« 2011/05/12巨人vs横浜 | トップページ | 2011/05/14広島vs巨人 »

2011-05-13

2011/05/13広島vs巨人

内海ハーラートップタイ4勝目! ラミレス7号2ラン! 完封リレーで2連勝

広島0-3巨人 詳細

今の巨人が勝つにはこのパターンしか無い!という勝ち方でした。
すなわちホームランの得点を投手リレーで守り切るという戦い方ですね。

先発の内海は冷麺が見る限り、球もあまり走ってなく今年のピッチングの中では良くありませんでした。
3回までランナーを2抱えるピンチ、5回まで毎回ランナーという内容です。
しかし粘りのピッチングでなんとかゼロに抑えて行きます。
広島打線も前回の対戦より、トレーシーが覚醒、栗原がどん底から戻りつつあるのでトータルでは調子は上だと思います。
しかし、前回は廣瀬と言ったところがどこ投げても打たれるくらいの絶好調でした。
そこが落ち着いてきた今、内海としては対処できる余裕が出来たのかもしれません。

広島の先発は既に4勝を挙げて4月の月間MVPのバリントン
まっすぐカーブがピタリとコーナーに決まり、ストライク先行で3回まで巨人打線を寄せ付けません。
ところが4回表、若干球が浮いたところを巨人打線が見逃しませんでした。
先頭の坂本がレフト前、続くラミレスHRで2点先制。いずれも初球でした。
この辺は勝負のアヤですね。打ち損じていたら試合の流れはどうだったかなと。
ともあれ「完璧なピッチングvs粘りのピッチング」で粘りが勝つ流れを一発で持ってくることに成功しました。

カトケンの一発も巨人ファンとしては嬉しいです。
カトケンの打率は.156ですが、本来もっともっと打てるバッターです。この日のように長打もあります。
出場機会が増えて、落ち着きが出てきたということでしょうか。
もうじき慎之助が復帰しますが、2番手キャッチャーもシーズンを戦う上で非常に重要です。
しっかり首脳陣にアピールしてほしいです。でも焦っちゃダメですよ。

悪いニュースもありました。3回表にガッツが左足ふくらはぎに死球です。
ガッツの痛がり様が尋常じゃなく、おぶられての退場となりました。
監督は試合後のコメントで「軽症ではないと思います」と、明日の出場が厳しいことを示唆しました。
う~ん、ガッツ抜きのオーダーですか……
早速、信二の出番が来たようですね。
まあ、オーダーはなんとか組めると思いますが、左バッターが貧弱な打線がしばらく続くのは否めません

|

« 2011/05/12巨人vs横浜 | トップページ | 2011/05/14広島vs巨人 »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51662411

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/13広島vs巨人:

« 2011/05/12巨人vs横浜 | トップページ | 2011/05/14広島vs巨人 »