« 2011/05/13広島vs巨人 | トップページ | 2011/05/15広島vs巨人 »

2011-05-16

2011/05/14広島vs巨人

広島の追撃を防ぎ切れず逆転サヨナラ負け

広島5x-4巨人 詳細

ブログ更新サボりました
サヨナラ負けがショックだったのではなく、負け試合の割りに書く事がいっぱいあってメンドくさかったからです。
同じようなものですかね?
まあ冷麺はストレス解消でブログ書いてる面がありますから、この前の横浜戦くらいムカツクと逆に迅速に更新したりもします。
巨人ファンとしてはショッキングなサヨナラ負けでしょうが、流れ論者の冷麺としては8回から半ば負けを覚悟していました。
心の準備は出来ていたので「あ~あ、やっちまった」とは思ったけど、怒りは湧きませんでした。

この試合に関しては2ch等ネットでは采配に疑問の声が多いようです。
冷麺はそれについては異を唱えたいです。
ガッツ登録抹消を受けての一塁スタメンですが、大二郎でした。
ここは信二じゃないのか?というのがまず一点ですね。
実績を考慮すると信二起用がベストなのは冷麺も異論は無いですが、若手のチャンスを永遠に封印するわけにもいきません。
左右の違いもありますし、ベストの選択ではなくとも大二郎起用は有り得る選択肢ではないでしょうか?

そして8回表、1死13塁に追加点のチャンスで大二郎に打順が巡ってきます。
勝敗としてはここで大二郎が犠牲フライも打てなかった事が大きかった
冷麺もこれで逆転負けの流れを覚悟しました。
でも、若手を育てるとはこういうことなんですよ。場数を踏ませない限り成長しないんです。
巨人ファンがうらやむ他球団の若手はそうやって育てられてきてるわけですよ。
スラッガータイプならなおさら我慢に我慢を重ねる必要があります。
レギュラー陣に故障者が相次いでいる現在、大二郎にまとまったチャンスを与えることは妥当ではないでしょうか?
まあ、我慢して使えば誰もが成長するわけではないですけどね。そこは首脳陣の眼力が問われます)。

大二郎が倒れた直後に酷いプレイが出ます。
8回表4-3で1点巨人リード。2死13塁。
この1点勝負の終盤大詰め13塁は、まず1塁ランナーの盗塁は成功します。プロ野球のセオリーです。
キャッチャーが無理に2塁に投げて送球が逸れてしまうと3塁走者が帰ってきてしまいますからね。
2塁送球の隙に3塁ランナーがホームへ突っ込むダブルスチールもあります。
ですからこのケース、キャッチャーは無理に2塁に送球しません。
で、どうやらダブルスチールのサインだったようですが、石原の送球はシュルツに返されただけ。
飛び出していた3塁ランナーの脇谷が三本間に挟まれて憤死しました。
13塁ダブルスチールは、あくまで判断あってのものです。キャッチャーの送球と同時にGOとか有り得ません
考えてもみてください。23塁になって1ヒット2点の状況が作れれば上出来じゃないですか
サインが出たから突っ込めとか冗談じゃないですよ。脇谷のボーンヘッドです。
脇谷はもともとボーンヘッドが多い選手ですが、この日は東出のゴロをジャッグルしてサヨナラ負けのきっかけも作っています。
打てない・守れない・走れないでは話にならないでしょう。
この回途中でサードは寺内に交代され、翌5/15には脇谷の二軍落ちが決まりました。

先発は小山でした。
4/30横浜戦5/7中日戦に続く3回目の先発ですが、その中で出来は一番良かったと思います。
カーブをかなり多投して、良いカウント球になっていました。
カーブの時にフォームが緩む癖もそれなりに修正されていました。
冷麺の推測ですが、これを見ても小山は先発登板の合間にも厳しい指導を受けているのではないでしょうか?
しかし5回1死から東出にタイムリーを打たれた2点差に詰められたところで交代。初勝利はまたお預けです。

この小山交代が早すぎるという批判は多いですね。
でも冷麺は妥当なタイミングだと思いました。
小山の場合は大二郎と違って、プロでの練習がまだ足りない選手。
先発事情からたまたま一軍にいるだけの投手であり、「5回を越える辛さを覚える」段階にすら達していないと見ます。
むしろ替え時を間違って打ち込まれて悲惨なトラウマを抱え込むリスクの方が怖いです。
この場面、冷麺は「同点のランナー出すまでは我慢するかも」と思いながら観てましたが、原監督はスパッと替えます。

それも考えれば当然なんですよね。
今の巨人の勝ちパターンは「HRの得点を投手リレーで守り切る」です。
その流れに乗ってた試合ですから、とにかくリードを守って投手交代。原監督にしてみれば迷うまでもない場面だったのかも。
替わった西村がこの回、更に1失点するのですが、懸命の投手リレーで1点リードでロメロにつなぐことには成功しています。
ロメロは連投もあって逆転サヨナラを喰らうわけですが、クローザー出してしまえば監督の仕事は終わり。
投手交代に関してはそれ以上追及してもしょうがないかなあとは思いますよ。

ここから先は5/14時点の感想を書きます。もう既に5/16になっていますのでしらじらしいのですが。
亀井の復調は嬉しいですね。サイクルヒットまであと一本でした。
このサヨナラ負けで5/15勝つのは苦しいですね。
広島の集中力が並じゃなくなりますし、グライシンガーマエケンで勝てって無理ゲーでしょうw
先発足りませんからグライには期待しますけど、せめて苦手の広島戦じゃなければ…

|

« 2011/05/13広島vs巨人 | トップページ | 2011/05/15広島vs巨人 »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51682660

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/05/14広島vs巨人:

« 2011/05/13広島vs巨人 | トップページ | 2011/05/15広島vs巨人 »