« 2011/05/31西武vs巨人 | トップページ | 2011/06/03巨人vs楽天 »

2011-06-03

2011/06/01西武vs巨人

涌井に3安打完投負け…

西武4-1巨人 詳細

冷麺には立ち上がりから先発金刃が非常に良かったように見えたのでもったいなかったですね。
金刃がこの出来なら連打を浴びて大量失点とかはないと予想したのですが…
西武の12番、片岡栗山にやられました。
3回裏、ヒットの片岡が盗塁で1死2塁。ここで栗山がセンター前タイムリーで先制を許します。

4回表に坂本ソロHRで同点に追いつきますが、5回裏にまた片岡・栗山にやられます。
1死から片岡2ベース。続く栗山に粘られてフルカウントになります。
ここで慎之助がマウンドに行って金刃とバッテリー間で話し合い。
冷麺はカウント途中でバッテリーが話し合うのは基本的に嫌いです
特にこのケースは栗山に粘られて、「投げる球無くなっちゃったよ~」という困惑が見え見えでした。
マウンドに行く時点で気持ちで負けてるって言う…
まあ、バッテリー間で意思の疎通を間違うよりマシという判断でしょうが、冷麺は気に入りませんでしたね。
そこまでして投げた勝負球でしたが、高めに甘く入る変化球おそらくチェンジアップ)。
好打者栗山が見逃すはずもなく、右中間を深々と破る2ベースで勝ち越しを許します。

続く中島は抑えるものの、おかわり中村には高めストレートを一撃で捉えられ2ランを被弾。
この回3点を許して、西武先発涌井の好投もあり勝負の流れは決定的になりました。

4点は取られたものの、金刃の投げる球は非常に良かったと思います。
この日は負け投手となりましたが、こんなときもある、次回も頼むぞと期待を持てる内容でした。

巨人打線は早打ちは毎度のことですが、いい当たりがほとんど出ません。
西武先発の涌井は球が凄いというタイプじゃないので判りにくいです。
この球が凄い、コントロールが良いとか以前に、見切らせない投手なんでしょうか?
パでは結構球数がかさむ投手なのですが、対戦の少ないセ、さらに極度の早打ちの巨人打線はありがたかったと見えます。
わずか102球の完投でした。

|

« 2011/05/31西武vs巨人 | トップページ | 2011/06/03巨人vs楽天 »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51846267

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/06/01西武vs巨人:

« 2011/05/31西武vs巨人 | トップページ | 2011/06/03巨人vs楽天 »