« 2011/06/12オリックスvs巨人 | トップページ | 2011/06/15巨人vsロッテ »

2011-06-14

2011/06/14巨人vsロッテ

攻撃まったく冴えず。またもスミイチ負け

巨人1-2ロッテ 詳細

どんだけ巨人はスミイチが好きなのか

初回に点取って中盤はぱったり
原巨人の特徴なのですが、今年は特に顕著です。
初回に点を取ることは良い事ですが、今年は点を取っても良くて2点です。
今の巨人には中盤以降の攻撃はありません

対戦相手のロッテは調子が上向きとは言え、交流戦のチーム状態は良くありません。
そういう意味で巨人と似ています。
ロッテはグライシンガーを、巨人は谷間の先発大谷を打ちあぐね、1-1で延長戦に突入します。
大谷は巨人が苦手とするテンポ良く動かすボールを投げてくるタイプのピッチングでした。
とは言え、谷間の先発。もう少しなんとかできなかったものでしょうか?
まともなヒットが初回のラミレスのフェンス直撃タイムリー2ベースだけでは……

点は入っていませんけど、明らかに投手戦ではなく貧打戦です。
おとといの澤村-金子の投げ合いは投手戦だと思いますけどね。
この日のロッテ戦は全然緊張感が無い。「(お互い打てないなあ……」という苦笑ばかりの観戦でした。

巨人に限らず今年は貧打戦の試合が物凄く多いんです。
はっきり言って貧打戦はつまらないです。投手戦ですら結構微妙なんですよ。
投手戦ならばテレビで観る分には味が分かりますが、生観戦だと刺激が無いですからね。
まして負けたら「打てなかった」というストレスだけが残ります。
投手戦ですらそうなのに、貧打戦だとテレビで観ててもつまらないからどうしようもない

多くの人が「それはやはり統一球のせいか?」と考えるでしょうが、それは確かに一因としてあるでしょう。
「じゃあつまらないから統一球やめよう」と思う人もいるかと思いますが、それはちょっと待ってください
今は球界全体で統一球への対応が進行中です。
今年にしたって開幕前後は普通に打撃戦も多かった。
これはピッチャーが対応中で、とくに開幕前などは統一球に対応が難しいタイプの投手の登板も多かったからと考えられます。
そして投手の対応が進んだ今は石を投げれば防御率1点台のピッチャーに当たる状態になりました。
2点取られたらほぼ負けってことですね。
そんなバランスならサッカーでも観てた方がマシですが、いつまでもこのままでは無いと思われます。
バッターだって対応してくるからです。
これまでも球場が広がったり、ストライクゾーンの変更などで極端に投高打低のシーズンはありました。
しかし打者の対応が進むと、結局は打高の方に振れてくるのです。
「芯が外れた打球は伸びない」という統一球の方向性はイイ線行ってますから、慌てて廃止を主張することはありません。
まずは様子見です。今後はバッターの対応が進んで打ち合いのゲームも増えてくるはずです。

そうは言っても防御率1点台ピッチャーがいっぱいのままシーズン終了というのは勘弁して欲しいです。
なんとかシーズン中にバッターに対応していってもらいたい。
まあ内海の防御率はほっといても悪くなるんでしょうが、悪化するのは内海だけという展開も勘弁して欲しいですw

|

« 2011/06/12オリックスvs巨人 | トップページ | 2011/06/15巨人vsロッテ »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51946388

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/06/14巨人vsロッテ:

« 2011/06/12オリックスvs巨人 | トップページ | 2011/06/15巨人vsロッテ »