« 2011/06/14巨人vsロッテ | トップページ | 2011/06/18巨人vs西武 »

2011-06-15

2011/06/15巨人vsロッテ

アルバラデホ逆転2ラン被弾。泥沼3連敗……

巨人2-3ロッテ 詳細

かなり気が重いんですけど、なんとか気を強く持って書きます。
この3連敗はどれも勝てる可能性のあった試合を全部落としてますからね。さすがに堪えました。

どうしようもなく打線が酷い

ラミレスはHR連発でさすが4番の活躍。
長野も2安打と気を吐いていますが、どうしようもなくつながりがないです。
とくに酷かったのは3回裏
亀井坂本ガッツの1~3番がボール球を打ってわずか4球で終了。
冷麺はこの回を観たときに負けを確信しましたね。まだ1-0で勝ってたんですけど、あまりに酷かった。
どんだけ貧打のチームでもこんなに相手投手を助けませんよ(#^ω^)

この試合、ロッテのセンター岡田が3つもファインプレイを見せました。
まあ慎之助のは打球速度がそれほどでもなく対空時間がありました。
坂本のは泳いで打っていますしあんなもの。
ガッツのはコンパクトに打ったのでセンター前に落ちると思いましたけどね。
逆にやけに伸びたのが災いして、岡田が華麗なダイビングキャッチ。

岡田が俊足の素晴らしい選手であることは冷麺も当然認めますが、こういうのは冷麺的オカルトでは流れなんです。
冷麺はこう考えています。流れの悪いチームはちょうどファインプレイになるような打球を打ってしまうと。
野球はグラブに収まるか、球ひとつ分抜けるかで天国と地獄です。
外野守備に限らず内野を抜けるゴロのヒットなんかもそうです。
ライン際でフェアかファールかなんて打球もそう。
ぎりぎり抜けるチームは流れが良い、阻まれるチームは流れが悪いということです。注目すると面白いですよ。
冷麺の観戦暦で気付いたのですが、流れの良し悪しの状態はしばらく続きます。
良いチームは良いまま、悪いチームは悪いまま一定期間続くということですね。
続きますが、放っておいてもいつまでも良いまま悪いままではありません。
じゃあ待ってりゃいいかと言えば、そうでも無いんですよね。
マズい野球をしてると良くなった流れは一瞬で悪くなります。
逆ににしっかりした野球、我慢の野球が出来ていると悪い流れを短い期間で済ますことができます。
以上、冷麺的プロ野球オカルト流れ論でした。

それにしても打てないのがキツいですね。
個々の選手に思うことはあるんですけど、冷麺には技術的な話はできませんし細かくなるので書きません。
まあ、巨人ファンなら「もっとボールを見て行けよ」と言いたくなるかと思います。冷麺もそう思います。
しかし見て行くバッティングをしてきている選手達じゃないですからね。
好球必打でずっとやってきた選手が揃っているわけですから、言ったところで逆効果でしょう。
ならば集中して思い切って振り回せと冷麺は言いたいですね。
今の巨人打線はこわごわ打ってる選手が多いと思います。
初球から打つくせにこわごわ手打ちじゃ相手投手は楽ですよ。
振り回し型の長野が安定しているのを見ると、特にそう思います。

|

« 2011/06/14巨人vsロッテ | トップページ | 2011/06/18巨人vs西武 »

巨人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51954984

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/06/15巨人vsロッテ:

« 2011/06/14巨人vsロッテ | トップページ | 2011/06/18巨人vs西武 »