« 2011/06/15巨人vsロッテ | トップページ | 2011/06/19巨人vs西武 »

2011-06-18

2011/06/18巨人vs西武

内海完投9勝目!

  • 巨人2-1西武 詳細
  • さすがエース内海!

    ……ってこのネタは以前使いました
    今年は連敗で内海ということが多いのですが、9勝1敗という成績が示す通りことごとく連敗を止めています。
    この日も3連敗で重い空気の中、しっかりと投げてくれました。
    ピッチングの内容も非常に良かったです。
    慎之助のリード通りにキレの良いまっすぐ変化球が決まります。
    この試合ではアンパイアの判定が若干甘かったのですが、それに応じたストライク先行のピッチング。
    ランナーを出した場面でも今年の今までのピッチング同様、落ち着いていました。
    西武打線との相性も良かったのか球数少なく進んで行き、9回127球1失点。わずか3安打で堂々の完投です。

    ……とまあ内海については言う事無しなのですが、打線は相変わらずでした。
    監督はオーダーを大幅に変更してこの試合に臨みました。

    1番坂本 2番亀井 3番慎之助 4番ラミレス 5番長野 6番ガッツ 7番ライアル 8番藤村 9番内海

    坂本を1番に戻し、当たりの出ていないガッツを6番に下げました。
    ただし代わりの3番慎之助もまったく当たっていません苦心のオーダーかなという感じです。
    実際、大して機能していません。
    7回裏の決勝点2点も、長野HRはともかく2点目は内海のタイムリーですからね。
    当たっている長野が5番という部分に原監督の苦悩を感じ取れます。
    攻撃重視なら3番だと思うんですよ。5番ということは勝負を終盤に賭けたオーダーだと冷麺は推測します。
    初回重視・上位打線重視が原巨人の基本戦略ですから、それを曲げての打順ということになります。
    打線の調子が攻撃重視でイケる現状では無いという判断なんでしょうねえ。

    冷麺は9回逆転負けの前のロッテ戦流れの話をしました。
    この日は西武の良い当たりが正面を突いたり、最後は脇谷のまさかの好守に阻まれたり。
    内海の決勝タイムリーは涌井の足に当たるラッキーな内野安打。
    ハム戦だったかな? 同じようにピッチャーに当たって跳ね返った打球で運悪くゲッツーというプレイがありました。
    同じピッチャー強襲でも天地の差です。
    この日は巨人に流れがあったと言えるでしょう。
    しかしこれで重い流れが好転したかと言えば、そう簡単には行きません。
    明日もしっかりとした野球を積み重ねていって、初めて流れを物に出来るのです。
    以上、連日の冷麺的プロ野球オカルト流れ論でした。

    |

    « 2011/06/15巨人vsロッテ | トップページ | 2011/06/19巨人vs西武 »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/51980201

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011/06/18巨人vs西武:

    « 2011/06/15巨人vsロッテ | トップページ | 2011/06/19巨人vs西武 »