« 巨人新外国人メジャー23発ジョシュ・フィールズ内野手獲得へ | トップページ | 2011/06/25阪神vs巨人 »

2011-06-24

2011/06/24阪神vs巨人

交流戦明け黒星スタート

  • 阪神4-2巨人 詳細
  • 両チームの間で流れが行ったり来たりのゲームでしたが、巨人としては痛恨の負けとなりました。

    先発の東野はボール一つずつ外れてなかなかストライクを取れません。
    初回いきなり1死満塁のピンチ。
    ここでブラゼルの当たりが抜群の角度で上がっていったので、冷麺は万事窮すかと思いましたが犠牲フライ止まり。
    この時点じゃツキ(流れ)はあったかなと思ってました。

    しかし続く2回裏も東野はピリッとせず、2死2塁からマートンにタイムリーを浴びます。
    これはマートンが外角のスライダーをかなり上手く打ったのですが、岩田のバントからのタイムリーで阪神に非常に良い流れ

    冷麺はこれで中盤以降の勝負で巨人がかなり苦しいかなと予想しましたが、直後3回表に巨人が良い攻撃を見せます。
    2死から坂本亀井慎之助ラミレスの1~4番が4連打で一気に同点に追いつきます。
    阪神先発岩田に対しセンターから逆方向へのバッティングが続き、これはイケると期待を持たせました。

    しかし4回裏で試合の流れが決定付けられました。
    2死1塁からピッチャー岩田の打球は三塁線を切れていくゴロ。
    これをライアルが逸らしてしまうエラーで2死23塁。
    続くマートンに対し初球が甘く入り右中間を破られ、決勝の2点を失いました。

    ここでライアルを責める人は多いと思います。
    当然、ライアルのエラーに責任はありますが、冷麺はそれよりも東野を責めたいですね。
    解説の伊東氏も「東野はここで踏ん張らなくちゃいけない」と指摘していました。
    あのくらいの状況はままありますからね
    慎之助のリードは初球ボール気味高めでしたが、甘く入れて打たれるってのは無いですよ。
    元はと言えば岩田に甘い球投げてややこしい打球を打たれたのも東野の責任です。
    あそこは抑えて反撃を待つ展開を作らないと。

    6回表に反撃のチャンスがありまして、ノーアウトから慎之助が四球で出ます。
    冷麺は「ゲッツーじゃなきゃ分からないな」と思って観てたのですが、ラミレスの打球はセカンドへのライナーゲッツー
    捉えた打球が正面なのでラミレスには責任は無いです。
    でも「あ、今日は負けだ」と苦笑するしかなかったですね。

    わずかの差で落としている試合が多いのですが、これをどう言うべきかとすれば、「弱い」とするしかないです。
    勝負所の凌ぎ合いに負けてちゃ、そりゃ勝てません。
    巨人はこの3連戦、東野内海澤村の先発が予想されており、全戦力を注ぎ込む格好です。
    当然直後のカード、ヤクルト戦の先発は薄くなるわけで、是が非でも勝ち越したいところなんです。
    緒戦を落としてキツい状況に追い込まれました。

    |

    « 巨人新外国人メジャー23発ジョシュ・フィールズ内野手獲得へ | トップページ | 2011/06/25阪神vs巨人 »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/52032774

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011/06/24阪神vs巨人:

    « 巨人新外国人メジャー23発ジョシュ・フィールズ内野手獲得へ | トップページ | 2011/06/25阪神vs巨人 »