« 2011/08/14巨人vs広島 | トップページ | 2011/08/19巨人vsヤクルト »

2011-08-16

2011/08/16セ・リーグ展望 ヤクルト大失速? 巨人逆転Vなるか?

当blogで冷麺が予想をすると激しく曲がるので、本当ならやらない方が良いのですが、予想したいのでします。
そういう憂さ晴らしのための自己満ブログですので

さてここへ来てセ・リーグ首位を行くヤクルトが極端に調子を落としています
時を同じくして巨人も打線がやっと復調と言っていい状態になり、借金を一気に減らして来ました。
そうなると両チームの状態から、「これは逆転優勝があるのでは?」と思うのがファン心理と言うもの。

2ch等のネットを見れば、巨人ファン以上に鼻息が荒いのは阪神ファン
直接ヤクルトを叩いていることもあって、もう逆転優勝はもらったとばかりの勢いです。

でもちょっと待ってください。
今年の優勝を占うためにはチームの勢い、戦力分析の他にも見落としてはならない前提条件があります。

それはヤクルトの異常な引き分け数です。

8/15現在でヤクルトの引き分け数はなんと12にのぼります。
引き分けリーグ2位の横浜が7、巨人の引き分け数6の倍ですから、いかにヤクルトの引き分け数が多いかがお分かりかと。

これが優勝争いにどんな影響を与えるかと言えば、ヤクルトは他チームより少ない勝ち数で優勝できるんです。
優勝は勝率で争われます
引き分けは勝率計算において無かったこととして扱われます。
分母の試合数が少なくなるわけですね。
引き分けが多いほど分母が少なくなるわけですから、勝ち数が同じなら引き分けが多い方が勝率は高くなります
結果、少ない勝ち数で高い勝率を出せると。
過去に巨人は優勝チームより勝ちながら、これで何度もV逸して泣きを見ています

まあグダグダ説明するより試算してみた方が分かりやすいでしょう。
まず2011/08/15時点での順位表です。

セ・リーグ勝敗表(8月15日現在)
順位 チーム試合 勝数 敗数 引分 勝率
1ヤクルト 89 43 34 12 .558 --
2阪神 89 44 43 2 .506 4.0
3巨人 92 43 43 6 .500 4.5
4中日 89 41 45 3 .477 6.5
5広島 89 40 44 5 .476 6.5
6横浜 92 31 54 7 .365 16.0

まあ、3時間半ルールの影響で引き分けが増えることは予想されてましたが、やはりヤクルトの12は異彩を放っています。
巨人の6も結構多いのですが、阪神が2、中日が3と3時間半ルールの割りには少ない感じです。
この差が優勝ラインにどういう影響を与えるのでしょうか?

ヤクルトが残り試合を5割で凌いだケースで試算してみましょう
セの残り試合は巨人と横浜が52試合、他のチームは55試合。比較的足並みを揃えて消化してますね。
5割と言っても奇数ですが、まずは首位のヤクルトに敬意を表して28勝27敗の1つ勝ち越しを想定したケースから。
なお、誠に失礼ですが横浜は試算から割愛させていただきました。

ヤクルトが残り28勝27敗の勝ち越し1のケース
チーム残り勝敗 残り勝率 最終成績 最終勝率
ヤクルト 28勝27敗 .509 71勝61敗12分 .5378
阪神 33勝22敗 .600 77勝65敗2分 .542
巨人 32勝20敗 .615 75勝63敗6分 .543
中日 35勝20敗 .636 76勝65敗3分 .5390
広島 35勝20敗 .636 75勝64敗5分 .5395

どうでしょう?
引き分けの効果てき面ではないでしょうか

どのチームでも優勝するためには、最終的にヤクルトより最低4つ多く勝つ必要があります。

阪神で6勝中日で5勝ヤクルトより勝たなくちゃいけないのは、中々に理不尽であります。
でもしょうがないんです。優勝はこういう勝率計算ですからね。
追う4チームはどこも残り.600以上の勝率で勝っていかないといけません。3勝2敗ペースですね。
3勝2敗と言うのは簡単ですが、やるとなると結構難しいですよ。
ただ、これから試合数は少ないですから、短期を勢いで6割以上の勝率はまま有ることではあります。

次はヤクルトは1つ負け越しの27勝28敗のケース

ヤクルトが残り27勝28敗の負け越し1のケース
チーム残り勝敗 残り勝率 最終成績 最終勝率
ヤクルト 27勝28敗 .490 70勝62敗12分 .5303
阪神 32勝23敗 .581 76勝66敗2分 .535
巨人 31勝21敗 .596 74勝64敗6分 .536
中日 34勝21敗 .618 75勝66敗3分 .531
広島 34勝21敗 .618 74勝65敗5分 .532

あんまり状況が変わってません。
数字的にはヤクルトが圧倒的に有利なことが、ご理解いただけるかと思います。

もしここからヤクルトが復調したらどうでしょうか?
ヤクルト6つ勝ち越しの31勝24敗で計算してみました。

ヤクルトが残り31勝24敗の勝ち越し6のケース
チーム残り勝敗 残り勝率 最終成績 最終勝率
ヤクルト 31勝24敗 .563 74勝58敗12分 .5606
阪神 36勝19敗 .654 80勝62敗2分 .563
巨人 35勝17敗 .673 78勝60敗6分 .565
中日 39勝16敗 .709 80勝61敗3分 .567
広島 38勝17敗 .690 78勝61敗5分 .561

こうなると追うチームはしんどいです
阪神以外は2勝1敗以上のペースを要求されます。阪神にしたって似たようなものです。
50試合程度の短期なら.666は有り得ないとまでは言えないですけどね。
有り得ますけど、前提条件としてはかなり苦しい
中日・広島の7割前後となると、やはり無いとは言えませんが不可能に近いレベルです。
ペナントレースやってきて、ある期間を区切ったらそれなりの長期間でも7割勝ってたはありますよ?
でも、「今から○試合、7割ペースで勝ってください」……これは苦しい

それと阪神・中日で必要な勝ち数が80勝に乗ってる部分も注目です。
だいたい例年の優勝ラインが80勝前後なんですよ。
ぶっちぎりの印象が強い2009年巨人で89勝。
今年の場合は今までどのチームも借金でウダウダやってたわけです。
それを今さら例年の優勝ラインまで勝てというのは厳しい事も、感覚的に納得していただけるかと。
ヤクルトを5つ勝ち越しじゃなく6つにしたのは80勝が要求される例からの逆算でした。テヘ

「今のヤクルトじゃあもっと負けるだろ」と考える人も多いかと。
ヤクルト25勝30敗の5つ負け越しで試算してみました。

ヤクルトが残り25勝30敗の負け越し5のケース
チーム残り勝敗 残り勝率 最終成績 最終勝率
ヤクルト 25勝30敗 .454 68勝64敗12分 .5151
阪神 30勝25敗 .545 74勝68敗2分 .5211
巨人 29勝23敗 .557 72勝66敗6分 .5217
中日 32勝23敗 .581 73勝68敗3分 .5177
広島 32勝23敗 .581 72勝67敗5分 .5179

これは逆転優勝としてかなり現実味のある数字となりました。
追うための勝率としても4チームとも無理がありません。
それでもシーズン勝利でどのチームも4つ以上ヤクルトより勝つ必要がある理不尽は変わっていません

まとめてみます。

  • 数字上はヤクルト絶対有利。引き分け数が物を言う。
  • ヤクルトが復調すると4チームとも逆転優勝は非常に厳しい
  • どのケースでも巨人よりは阪神が残り試合を少ない勝率でヤクルトを差せる。
  • ん~~、冷麺は引き分け62の差で阪神より巨人有利かと期待したんですがね。
    計算してみたら期待と逆となりました。
    残り試合数が少ないことが影響しています。

    ここまで計算してみましたが、日付変わって今日からのカードの結果で状況は刻々と変化していきます
    来週になったらこの記事がとんだお笑いになる可能性も十分です。
    追うチームなら、まずは連敗は避けて5割以上のペースで勝って行くことですね。
    連敗すると一気に計算上の条件も悪化していきます。

    <関連記事>
    2011/09/01セ・リーグ展望 ヤクルト大失速? 巨人逆転Vなるか?(その2)

    |

    « 2011/08/14巨人vs広島 | トップページ | 2011/08/19巨人vsヤクルト »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/52486249

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011/08/16セ・リーグ展望 ヤクルト大失速? 巨人逆転Vなるか?:

    « 2011/08/14巨人vs広島 | トップページ | 2011/08/19巨人vsヤクルト »