« 2011/08/31巨人vs横浜 | トップページ | 2011/09/04ヤクルトvs巨人 »

2011-09-01

2011/09/01セ・リーグ展望 ヤクルト大失速? 巨人逆転Vなるか?(その2)

いよいよ風雲急を告げるセ・リーグペナントレース。
前回の記事に多少は反響があったので、台風で一息付けそうなここでフォロー記事を書いてみようと思います。

前回の時点からヤクルトは勝ち星を伸ばせず、貯金をじわりと減らして来ています。
追う5チームは5割前後を死守しながら一進一退。その結果、ヤクルトと2位グループのゲーム差は縮まってきています。
8/31時点で巨人は4連勝で貯金を3とし、ゲーム差はついに1.5!

あれから状況はどのように変わったのでしょうか?
前回の要領で計算してみましょう。
まず2011/08/31時点での順位表です。

セ・リーグ勝敗表(8月31日現在)
順位 チーム試合 勝数 敗数 引分 勝率 残り試合
1ヤクルト 102 47 41 14 .534 -- 42
2巨人 106 51 48 7 .515 1.5 38
3中日 102 49 48 5 .505 2.5 42
4阪神 101 49 48 4 .505 2.5 43
5広島 103 48 49 6 .495 3.5 41
6横浜 104 32 63 9 .337 18.5 40

実に4チームが貯金、広島にしてもわずかに借金1という状況です。
前回、くどいほど主張した引き分け数は、各チーム少しずつ増やしてます。
ヤクルトは2つ増やして、引き分け数はなんと14にもなりました。
さて優勝ラインを計算していくと、前回からどんな変化が見られるでしょうか?

まずはヤクルトが残り5割で凌いだケースです。
(今回は横浜についても計算してみました)

ヤクルトが残り21勝21敗の5割で凌ぐケース
チーム残り勝敗 残り勝率 最終成績 最終勝率
ヤクルト 21勝21敗 .500 68勝62敗14分 .5230
巨人 21勝17敗 .552 72勝65敗7分 .5255
中日 24勝18敗 .571 73勝66敗5分 .5251
阪神 25勝18敗 .581 74勝66敗4分 .5285
広島 25勝16敗 .609 73勝65敗6分 .5289
横浜 39勝1敗 .975 71勝64敗9分 .5259

イケる
これならイケます。巨人・中日・阪神は残り6割以下の勝率でヤクルトを差せます。
広島にしても6割ちょい越えた程度。
4チームもあれば、この勝率を達成するチームは一つくらいあるでしょう。
ヤクルトより4以上多く勝つ必要があるのは前回の計算と同じですが、最終勝利数が75勝を割り込んでいます。
これによって前回の試算にあった追うチームの理不尽さがかなり軽減されました。

ヤクルトが残り5割ではもたん時が来ているのだ!

次はヤクルトが4つ勝ち越しのケースを見てみましょう。

ヤクルトが残り23勝19敗の4つ勝ち越しケース
チーム残り勝敗 残り勝率 最終成績 最終勝率
ヤクルト 23勝19敗 .500 70勝60敗14分 .5384
巨人 23勝15敗 .605 74勝63敗7分 .540
中日 26勝16敗 .619 75勝64敗5分 .539
阪神 27勝16敗 .627 76勝64敗4分 .542
広島 27勝14敗 .658 75勝63敗6分 .543
横浜 --勝--敗 .--- --勝--敗-分 .---

これだとやはりキツいですね。軒並み残り勝率が6割を越えています。
横浜優勝の可能性も消えてしまいました。
追うチームに「今から40試合くらいで8~13の貯金を作れ」という難題を押し付ける格好です。
ヤクルトは勝ちさえすれば、他チームが追いつくのは難しいのは変わってないということかと。

最後にヤクルトが4つ負け越しのケースです。

ヤクルトが残り19勝23敗の4つ負け越しケース
チーム残り勝敗 残り勝率 最終成績 最終勝率
ヤクルト 19勝23敗 .452 66勝64敗14分 .5076
巨人 19勝19敗 .500 70勝67敗7分 .5109
中日 22勝20敗 .523 71勝68敗5分 .5107
阪神 23勝20敗 .534 72勝68敗4分 .5142
広島 23勝18敗 .560 71勝67敗6分 .5144
横浜 37勝3敗 .925 69勝66敗9分 .511

これはヤクルトがノーチャンスでしょう。最終的な貯金が2しかありません。
巨人に至っては残り5割で差せます。
こうなると「ヤクルトが4つ負け越しなら巨人は残り5割で優勝」なんてことはなく、ヤクルト以外のチームとの優勝争いでしょう。
全体的な条件がヌルすぎます。6割前後勝ってくるチームは絶対出てきます。
この試算自体が無意味なものと化しました。

まとめてみましょう。

  • ヤクルトが持ち直せばヤクルト有利という前提は変わらない
  • しかしヤクルトが残り5割止まりなら、高確率でV逸
  • 当たり前だが貯金3の巨人の負担は軽く、広島の負担は重い。 ―※1
  • 中日と阪神では引き分けが多い分、中日の負担が軽い。 ―※2
  • 戦力や勢い・ムード等を一切無視した分析であることに注意してください。
    この記事で参考にしてるデータは現在の勝敗数、ただそれだけです。
    当然、優勝を詳細に占うには各チームの戦力を分析して比較するのがまっとうです。
    ただし、今年は引き分け数の差が異常なレベルとなっており、前提条件として無視すべきではないと思うのです。
    マラソンで例えるなら残り10kmラストスパート勝負、実は先頭ランナーのゴールだけ特別に近かったみたいな状況です。
    考慮に入れる必要があると思います。

    まあ、これも試合ごとに刻々と状況は変わります。※1※2なんて今日にも嘘になります。
    前回も述べたように、来週になったらこの記事自体がとんだお笑いになる可能性は十分です。
    特にあり得るのがヤクルトが貯金を使い果たしたケースです。
    8/31現在、ヤクルトの貯金は6ですが、この辺がギリギリでしょう。
    ヤクルトとしてはこの貯金を死守しなければなりません。
    いったん貯金を使い果たしてしまうと、せっかくの多い引き分け数のメリットが無くなります。
    借金に転落したら引き分け数が一気にデメリットに転化します。
    そこまでいかなくとも貯金5を割って首位を明け渡してしまうと引き分けのメリットとか言ってられなくなるでしょう。
    相手の優勝ラインを上乗せするのが引き分けのメリットですから、自分もある程度勝ってないと意味が無くなります。
    上乗せの土台が低いのでは簡単に越えられてしまいます。

    <関連記事>
    2011/08/16セ・リーグ展望 ヤクルト大失速? 巨人逆転Vなるか? (その1)

    |

    « 2011/08/31巨人vs横浜 | トップページ | 2011/09/04ヤクルトvs巨人 »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/52617657

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011/09/01セ・リーグ展望 ヤクルト大失速? 巨人逆転Vなるか?(その2):

    « 2011/08/31巨人vs横浜 | トップページ | 2011/09/04ヤクルトvs巨人 »