« 2011/09/25阪神vs巨人 | トップページ | 2011/10/08中日vs巨人 »

2011-09-28

2011/09/27横浜vs巨人

澤村9勝目で2桁に王手!

  • 横浜2-4巨人 詳細
  • 11敗と負けが込んでいるルーキー澤村ですが、ちゃんと観てる巨人ファンなら非難しないと思います。
    今季、巨人の先発ローテーションを開幕から守っているのは澤村だけ。
    しかも安定してイニングを食ってくれています。
    リリーフのやりくりへの影響を考えたら11敗のマイナスを補ってあまりある貢献があります。
    この日の勝利で2桁勝利にリーチをかけて、自身の借金完済まで見えてきました

    横浜の先発は国吉。育成枠出身2年目です。
    横浜尾花監督がソフトバンクの斉藤和巳を引き合いに出して例えるだけあって、ストレートに威力がある長身右腕。
    前回の対戦ではプロ初白星こそ許しませんでしたが、慎之助のソロHRの1点に抑えられています。
    しかし、この日は前回ほどストレートに威力がなく、コントロールも効いていませんでした。
    初回いきなり坂本レフト前、藤村送りから四球・四球で1死満塁。
    このチャンスに最近好調のフィールズがきっちり犠牲フライで1点先制。
    角度が良かったので満塁HRか?とも思ったんですけど、こういう場面はまず1点取るのが大事です。
    フィールズは良い仕事をしてくれました。

    さて澤村の立ち上がり。
    石川に粘られてのセンター前で1死1塁。
    相性の悪い渡辺直人にも粘られてライト前。
    この打球をなんとライト長野が後逸。俊足石川が長躯ホームインで1-1の同点となります。
    この長野の守備はいただけませんでした
    長野の前でゴロになった打球なんですけど、グラブを上から出して抜かれています
    グラブを下から出して上に上げるのがゴロ捕球の基本。
    冷麺はあんまり気になったので、その後も長野の守備に注目してたのですが、やっぱりゴロを上から捕りにいってました
    守備コーチは指摘して矯正すべきですね。

    澤村は初回に失点こそしましたが、石川と渡辺が良く打ったと言っていいと思います。
    ただ2回・3回はストレートのコントロールがままならず怪しかった。
    特に2回裏は国吉に送りバントを決められ2死23塁のピンチがありました。
    4回裏からはコントロールがまとまりだして、変化球も決まり始めます。
    横浜打者陣の早打ちにも助けられました。
    終わってみれば7回を初回の1失点のみのピッチングでした。

    8回・9回は山口久保の勝ちパターン。
    攻撃でも4点のうち3点が犠牲フライによるものと、取るべき所できっちり得点は好感が持てます。

    さて澤村ですが、中4日で10/2広島戦の登板が噂されています
    冷麺としてはそれはちょっと止しておいた方が良いかと……
    澤村は確かに広島には強いのですが、中5日も多いですし無理はさせないで欲しいです。
    ここまで監督は澤村の起用にはかなり気を使っていただけに、ここで我慢できないのはもったいない。
    まだまだ将来のある投手ですから。

    |

    « 2011/09/25阪神vs巨人 | トップページ | 2011/10/08中日vs巨人 »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/52849536

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011/09/27横浜vs巨人:

    « 2011/09/25阪神vs巨人 | トップページ | 2011/10/08中日vs巨人 »