« 2011/10/12巨人vs阪神 | トップページ | 2011/10/15巨人vs中日 »

2011-10-17

2011/10/14巨人vs中日

澤村完投11勝目! 自身の借金完済!

  • 巨人7-2中日 詳細
  • ついに澤村が11勝目を上げ、11勝11敗と星を五分にまで戻しました
    10敗を越えたときには「内容は俺(冷麺)は評価してるから…」切ない気持ちでしたが、要らん同情でしたね
    いやあ、とてつもないルーキーです
    1シーズンで200イニング近く投げ、防御率1点台。文句の付けようがありません

    まず初回ですが荒木に2ベース、井端送りでいきなり1死3塁。
    ここで森野のレフトファールフライをラミレスがキャッチ。犠牲フライで1点を先制されます。

      ラミレス取らない方が良かったと思う人もいるかもしれませんが、これはセオリーです
      まあ、今年は統一球野球で1点先制されるのも避けたい気分だったりもしますが、ラミレスの捕球は正解
      まだ初回、取り返しが効くので1点をケチるよりもアウトカウント優先です。
      事実、ここを乗り切った澤村はペースを取り戻します。

    中日の先発は大野澤村と同じく2010ドラフト1位のルーキーです。
    冷麺はドラフトにも注目しているので、このドラフト1位ルーキー対決は楽しみでした。
    大野はやや立ち投げ気味のフォームからちぎっては投げのエグい角度で投げる150km/h速球が持ち味の左腕。
    しかしドラフトの時点で肩を故障しており、ここまでデビューが出遅れました。
    初物に弱い巨人のこと、勢いで投げるサウスポーと聞いて嫌な予感がした巨人ファンは多いのではないでしょうか。
    冷麺も嫌な予感しかしなくて、分が悪いかなあと思っていました。
    果たして1点ビハインドの1回裏、坂本寺内が凡退で2アウト。
    ルーキー左腕にペースを握られるかと思われましたが、3番長野が高めストレートをガツンと弾き返します。
    バックスクリーンに深々と突き刺さる驚異的な当たりの長野16号ソロで同点です。
    この当たりには大野もびっくりしたでしょうね。

    長野の一発が効いたのか、巨人は続く2回裏に大野を一気に攻め立てます。
    ラミレスから4連打でまず2点追加。
    パンダの当たりはレフト線のポテンで大野にとっては不運でしたが、2死23塁から寺内タイムリーで更に2点。
    長野のピッチャーゴロを大野が弾いたり(記録はヒット)、慎之助の当たりを和田が落球でこの回計5点。
    3回裏にはラミレス21号も飛び出し7-1と試合の主導権を握ります。

      さて、冷麺も注目のルーキー左腕大野ですが、はっきり言ってこの日のピッチングでは通用しません
      まず腕が振れていないです。しかも変化球で露骨にフォームが緩みます。
      寺内のタイムリーなんか置きに行った変化球を拾われた典型的なヒットでした。
      じゃあ今後大野に期待出来ないかと言えばそうではありません。
      ファーム登板の動画を見るともっとボールにキレがありました。
      もっと腕を振って、球速が増して、変化球が見切り辛くなったら恐るべき左ピッチャーになると思いますよ。

    大量援護で澤村はすっかり落ち着きました。
    逆転直後の3回表は2安打を許しましたが、森野を見逃し三振に切って取ります。
    以降はヒットを散発6安打、森野の2打点に抑えて完投で11勝目。
    澤村の無四球完投は自身プロ初です。
    ストレートの抜け球が少なく、スライダーも決まってました。この状態の澤村は安心ですよ。
    フォークは甘い所に結構行ってましたけど、まっすぐが良いからチェンジアップ効果があるんですよね。
    抜けたフォークでも逆に三振を取ってましたw
    CSを見据えると、対中日直近3試合でわずか2失点の澤村は頼もしい存在と言えます。

    |

    « 2011/10/12巨人vs阪神 | トップページ | 2011/10/15巨人vs中日 »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/53010667

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011/10/14巨人vs中日:

    « 2011/10/12巨人vs阪神 | トップページ | 2011/10/15巨人vs中日 »