« 2011/10/16巨人vs中日 | トップページ | 2011ドラフト展望(その1) »

2011-10-24

2011/10/22巨人vs横浜

長野代打逆転サヨナラ内海最多勝確定満塁弾17号!

  • 巨人5x-2横浜 詳細
  • 先発は大方の予想を裏切って澤村
    200イニングを賭けての登板となりましたが、理想通りに事は運びません。
    2回表、村田KYホームランでまず先制を許します。
    村田はシーズン終盤になると、相手チームに嫌なホームランを打ちますねw
    ここまでは澤村の防御率は1点台でしたが、4回表にまたも村田HRで防御率1点台が夢と消えてしまいました
    2本とも外角をうまく右方向へ打たれたのでしょうがないかなとは思います。
    でも、あの球をあの打ち方でフェンスオーバーできるのなら、村田のシーズン成績はこんなものでは…
    巨人ファンにとっては何もここでという、ちょっと恨めしい技有りHRでした。

    澤村は3回1/3を投げシーズン200イニングを達成後に山口にスイッチ。
    5回からは中日吉見と並ぶシーズン最多勝を賭けて内海がマウンドへ。
    内海は再三に渡って先頭ランナーを出して危うかったのですが、そこからが今年の内海の違うところ。
    落ち着いて後続をきっちり抑えます。

    8回裏、慎之助5年連続となる20号ソロ。
    9回裏、先頭石川エラーで出塁すると、6番に入っていた内海に代打ふるしろ
    ここで逆転しないと内海の最多勝が消えてしまいます。監督勝負に出ました。
    引き分けでは内海に勝ちは付かないので、ふるしろは送らず強行。見事ヒットでつなぎます。
    ぴののバントで横浜山口がサードへ送球、これがフィルダースチョイスで無死満塁。
    ここで矢野に替えて、首位打者の含みがある長野がピンチヒッター。
    矢野でも良かったような気がしますが、原監督の勝負がドラマを呼びました。
    3ボール1ストライクからの外角高めボール気味のストレートを長野がひっぱたくと、打球はアッと言う間にライトスタンド
    長野らしい腕っ節に物を言わせた一打は代打逆転サヨナラ満塁ホームラン
    内海最多勝をもたらし、澤村の負け越しを消し、長野自身の首位打者にも大きく前進する一撃となりました。
    村田の2HR、横浜先発国吉の好投と巨人のムードが悪い試合だっただけに、多くを救った奇跡的なホームランでしたね。

    相手チームの話ですが、山口は球速が落ちてて、このままだとクローザーは厳しい感じでした。
    巨人だと越智がそうですが、球威で長年押しまくる難しさが伺えます。
    それだけに阪神藤川がいかに凄いのか分かるのですが、その藤川も今年はかなり球威が落ちています。
    ぴののサヨナラ打なんか去年ではちょっと考えられないことだったと思います。

    なにはともあれ6連勝という良い形でシーズンを締めくくりました。
    優勝を逃し3位に終わった不本意なペナントレースではありましたが、クライマックスシリーズに期待は持てます。
    CSでは6連勝中のような巨人らしいスカッとする試合を多く望みたいですね。

    |

    « 2011/10/16巨人vs中日 | トップページ | 2011ドラフト展望(その1) »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/53074212

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011/10/22巨人vs横浜:

    « 2011/10/16巨人vs中日 | トップページ | 2011ドラフト展望(その1) »