« 2011ドラフト展望(その1) | トップページ | 2011ドラフト展望(その3) »

2011-10-26

2011ドラフト展望(その2)

前回は入札1位が確実なBIG3+2と武田翔太投手について書いてみました。
今回はその他の選手について書いてみようと思います。
今回は動画を貼りません。以下のサイト等から探してみてください。

  • YouTube ドラフト動画集
    ドラフト候補の動画が充実しています。YouTubeとなっていますがDailymotionの動画が多いです。
  • ドラフト放送局
    こちらもドラフト候補の動画が充実しています。動画に投票ができます。
  • 外れ1位候補
  • 中後悠平投手(近畿大)はMAX150km/h超えの和製ウィリアムスの呼び声高いサウスポーです。
    順調ならば入札1位が堅かったのですが、ちょっとムラッ気がある投手でしてBIG3程の評価に至ってないようです。
    プロアマ交流戦などで度々炎上を繰り返したせいか、ネット上でのドラフトマニア人気は上がっていないようです。
    しかし、貴重な剛腕サウスポー。外れ1位に入ってくることは確実です。

    伊藤和雄投手(東京国際大)は中後投手とは対照的に球速はそこそこですが、コントロールが良い右腕。
    コーナーにまっすぐ・変化球を集められるので、プロで使いやすいピッチャーではないでしょうか。
    東京国際大は広島カープで黄金時代を築いた古葉竹識氏が監督を務めており、その教え子ということでも話題です。
    おそらくは外れ1位で競合するかと思われます。ヤクルトが外れ1位としてリストアップしているようです。

    高校生だと松本竜也投手(英明)が大型左腕として外れ1位で人気を集めそうです。
    大型左腕にありがちな荒削りさが無く、コントロール・フォームともまとまっているのが特徴です。
    プロ入り後上手くスケールアップ出来ればとてつもない左投手になれるでしょう。
    また、その可能性が高いことが松本投手の魅力です。
    冷麺が見る限り、左半身をもう少し使えてくるとグッと伸びると思います。

    吉本祥二投手(足立学園)は下町のダルビッシュと呼ばれる大型右腕。
    ただ、この選手はメディア露出が多い割りにはセンターカメラ映像が無くてドラフトマニア泣かせです。
    スカウト評価が恐ろしく高く、外れ1位には入ってくるのは確定的と言われています。
    イケメンでスタイルが良いので入団後は人気が出るでしょうね。

    釜田佳直投手(金沢)は甲子園でおなじみですからご存知の方も多いでしょう。
    プロの右投手としては大型とは言えませんが、150km/hを超える球威十分のストレートを連発します。
    プロでは球威を活かしたリリーフ向きでしょうかね。
    中日の外れ1位で名前が出ているようです。

    社会人を見てみましょう。
    ここ二日ほどでやたら名前が出るのは十亀剣投手(JR東日本)
    サイドから145km/h前後のストレートなのですが、これが物凄く球威があります
    行き先はボールに聞いてくれみたいに体ごと投げ込むタイプで、コントロールはあまり良くありません。
    そのためドラフトマニアの評価は今一つですが、都市対抗10/24には8回2/3を無失点。
    低めに威力のある球を集め、コントロール難をカバーする快投だったようです。
    広島が外れ1位を検討している他、日ハム西武が一本釣りでという記事が出ています。

    大城基志投手(JX-ENEOS)はまっすぐカーブのキレタイプのサウスポー。
    制球も良く、プロでニーズが高い左リリーフが期待できる選手です。
    冷麺もすぐプロで使える左と見ていますが、十亀選手と対照的にメディアであまり名前が出てきません。
    都市対抗10/25で炎上して負け投手になっちゃったようですね。
    JX-ENEOSからはメジャー・レッドソックスの田澤の件以来ドラフト指名が無く、プロとぎくしゃくしてるのではとの推測も。
    冷麺としては大城投手をプロで見たいんですけど、果たして指名されるでしょうか?

    最後に大学生の投手を一人。
    中根佑二投手(東北福祉大)は春には入札1位の呼び声が高かった本格派右腕です。
    この投手、球速は140km/h前後なんですが、どう見てもそんな生やさしいストレートじゃない
    150km/h出てると言われた方が納得できる迫力を感じるストレートです。
    秋季リーグで投げてなかったのですが、復帰した試合では無事に威力あるストレートを投げていたようです。
    どちらかと言えば素材型の投手なのですが、十分に1位指名の力を持ってるはずです。
    この選手も菅野投手の様に血縁選手で、横浜・中根コーチの甥に当たります。
    そのため横浜の指名が有力と見られていたのですが、あまりスポーツ新聞に名前が出ません。
    どうやら横浜は2位までには中根投手を指名しない雲行きなのですが、これだけの投手どうなんでしょうね?

  • 巨人外れ1位候補
  • 今年は外れ1位は考えたくありません

    前回書いた通り、まずは菅野投手の単独指名で間違いないと思います。
    それでも万が一、外れ1位の事態になった場合、巨人はどうするのか?
    残っていれば武田翔太投手(宮崎日大)でしょう。巨人もかなり熱心だったと聞きます。
    でも武田投手が外れ1位に残っている可能性は非常に薄いです。
    そうなると松本投手か吉本投手でしょう。
    でもどちらも人気の候補ですからね。
    今回はクジを外すと結構キツいです。去年のオリックスみたいな球団が2つくらいでてきてもおかしくないです。

  • 巨人2位指名候補
  • 2位まではなかなか分かりませんね。
    ウェーバー順もそこそこ後なので、どういう選手が残っているものか予想が付きません
    そんな中、ドラフト系スレで巨人2位指名の可能性が高いんじゃないかと名前が上がる高校生が2人います。

    一人は今村信貴投手(太成学院大高)。キレタイプのサウスポーです。
    それほど大型ではないのですが、まとまりが良くプロ入り後の肉付けに期待が掛かる投手です。

    もう一人は松本剛内野手(帝京)。パワーのあるショートです。
    まあ、ショートのドラフト候補は「走攻守三拍子」と紹介されるのが常ですが、この選手はパンチ力でしょう。
    動画をチェックする限り、リストが非常に強いバッターだと思います。
    ガツガツとミートして広角に打っていく姿はちょっと二岡を連想させますね。

    冷麺としては2位は内野手が欲しいですね。
    となると松本剛選手かという話になりますが、出来れば即戦力が冷麺の理想です。
    例年だと二遊守備型で2位クラスの大学生が1~3人くらいいるんですけどね。
    今年に限ってなぜか見当たりません。
    いずれにせよ2位は予想が付かないので、楽しみに待って指名された選手を応援したいと思います。

  • 巨人下位指名候補
  • 2位でも分からないのに、その先など分かるはずもありません
    なので冷麺が注目している選手を1人だけ挙げることにします。
    冷麺が注目しているのは北川倫太郎外野手(明徳義塾)です。
    この選手のスイングの鋭さは別格です。巨人ファンとしては清水隆行を連想しますね。
    プロでも北川選手のスイングスピードは上位ではないかと。
    バッティングセンスもかなりのもの。プロでも打撃はまず通用するんじゃないかと思います。

  • 2012年の巨人ドラフト1位は?
  • 東浜巨投手(亜細亜大)でしょう。

    実は高校生にスケールの大きい投手もいるのですが、完成度を重視すると東浜投手です。
    圧倒する球威はありませんが、キレの良いまっすぐとカーブでテンポ良くストライクを取れます。
    プロだと千葉ロッテの唐川に近いタイプですね。澤村菅野投手とまた違ったタイプの本格派右腕です。
    名前も良いです。と書いて”なお”と読みます。
    巨人ファンとしては是非入団していただきたくなる投手ではありませんか(笑)
    甲子園選抜の全国優勝投手でもあり、高卒時からドラフト1位候補でしたがプロ志望届を提出せず亜大に進学しました。
    巨人だと大田と同じ世代なのですが、もし東浜投手が高卒時にプロ志望だったら巨人は指名してたはずです。
    もしが続きますが、そこで獲得できていたら18番を付けていたことでしょう
    由規を逃し、東浜投手も獲れなかったことで、巨人の18番はおいそれとは背負えない聖域となってしまいました
    ただし、ここ2年のように単独指名に持って行くのは無理です。まず競合になります。
    長野菅野投手の時のように、早期指名明言も無いでしょう。
    甲子園のヒーローなどが彗星のように現れた場合は、変更の余地が有り得ます。

    <関連記事>
    2011ドラフト展望(その1)
    2011ドラフト展望(その3)

    |

    « 2011ドラフト展望(その1) | トップページ | 2011ドラフト展望(その3) »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    お久しぶりですsweat01
    外れ1位で、松本竜也投手との交渉権を獲得できただけでも良しとしますかねえ・・・crying

    投稿: 定岡商事 | 2011-10-28 01:00

    定岡商事様、コメントありがとうございます。
    菅野投手の交渉権を獲得できなかったのが、冷麺大変堪えておりまして……
    本来ならドラフト総括の記事とCS展望の記事を書くつもりだったのですが、テンションが上がりません('A`)
    申し訳ありませんでした。
    松本投手はちょっと縁が無いと思っていましたが、指名できたのは幸いでした。
    現時点でも欠点が少なく、大化けする確率が高い貴重なサウスポーと見ております。

    投稿: 冷麺 | 2011-10-29 01:25

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/53085341

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011ドラフト展望(その2):

    « 2011ドラフト展望(その1) | トップページ | 2011ドラフト展望(その3) »