« 2011ドラフト展望(その2) | トップページ | 2012あけましておめでとうございます »

2011-10-26

2011ドラフト展望(その3)

いよいよドラフト前日。
12球団の指名予想をしてみたいと思います。
実はドラフト前日は予想のタイミングとして、あまりおいしくなかったりします。
ドラフト当日のスポーツ新聞がまた事情を一変させる情報を出してきますからね。
ただ、今年は確定情報が今日までにかなり入ってきてます
そんなには外れない予想かと

2011冷麺のドラフト1位指名予想
中日 高橋周平東海大甲府 ソフトバンク 武田翔太宮崎日大
ヤクルト 高橋周平東海大甲府 日本ハム 野村祐輔明治大
巨人 菅野智之東海大 西武 藤岡貴裕東洋大
阪神 伊藤隼太慶応大 オリックス 藤岡貴裕東洋大
広島 野村祐輔明治大 楽天 藤岡貴裕東洋大
横浜 藤岡貴裕東洋大 ロッテ 藤岡貴裕東洋大

    敬称略。
    赤地の選手名は競合、青地は単独。
    は指名明言、あるいは複数のソースで一本化が報じられて指名が確実化した候補。

藤岡投手は最多5球団競合
野村投手と高橋内野手が2球団競合という予想になりました。
セ・リーグで指名候補を明言していないのは阪神だけです。
対照的にパはロッテとソフトバンク以外は隠密ドラフトでいくようです。

各球団の状況をウェーバー順に説明してみましょう。
ロッテはいち早く藤岡投手の指名を公言しており、横浜10/25の編成会議で藤岡投手に一本化

楽天星野監督とのつながりから野村投手ではないか?との見方が強かったのですが、そうでは無いらしいという雲行きです。
星野監督が藤岡投手を「左の田中(将大)と称賛した記事が出ました。
楽天の監督としては最上級の称賛ですよね。
「左の田中」を差し置いて指名するなら、「和製ハラデイ」「和製プホールス」がいないと話になりませんw
楽天藤岡投手の指名で決定的でしょう。

広島野村投手の指名を早くから公言していました。

オリックスなんですが、藤岡投手と高橋内野手のどちらかと言われています。
岡田監督が「今年は内野手」とコメントを出しており、それならば高橋内野手ということになります。
しかし岡田監督は一方で即戦力志向のコメントも出しています。
戦力バランス的に見ると、オリックスは左打者が多く、左打ちの高橋選手の指名は少々バランスが悪いように思えます。
内野手発言は中位以降の指名と考えれば筋は通ります。
オリックスは即戦力の藤岡投手を指名するのではないでしょうか?

伊藤外野手と見られていた阪神ですが、ここへ来てネットでは藤岡投手と迷っているのではとの勘繰りが絶えません。
ただ、こちらの記事では規定路線との表現で、候補は固まっていることは伺えます。
そこで阪神伊藤選手の指名と予想しました。

さて西武なんですが、このチームは基本的に隠密ドラフトなのでドラフトマニア泣かせです。
今年も実に様々な1位候補が紙面を賑わしていて、気が多いなと苦笑してしまいますw
まあ、ドラフトは別に指名リストを逐一オープンにする必要はありませんし(むしろ逆)、ドラフトマニアの逆恨みなんですけどね。
西武のスカウトが気分次第であちこちのドラフト候補に粉かけまくってるということもないでしょうw
新聞報道で一喜一憂するドラフトマニアにはそう見えるというだけのこと。
2年連続で6球団競合を引き当てた渡辺監督の剛運に頼らない手は無く、藤岡投手を指名してくると予想します。
一方で「あまり渡辺監督に頼って責任を感じさせては…」との談話もフロントから出ています。
外れ1位では西武らしい意表を突く選手をしっかり用意しているのではないでしょうか?

巨人は当然、菅野投手です。
他球団の横槍が心配なところですが、単独指名確定を報じたソースもあります。
情報の確度に若干弱さを感じないでもありませんが、一応リンクを。

  • 東海大・菅野、原巨人が単独指名へ (2/2ページ) (サンスポ) 2011.10.25 05:08
  • 日本ハムなんですが、ここも西武と同じくなかなか予想が付きません。
    西武と同じく色んな名前が出ている日本ハムですが、他球団の動きを見て臨機応変に動く印象があります。
    1/6の藤岡投手か1/2の野村投手かをてんびんに掛けるタイプの球団です。
    BIG3の実力が同レベルと判断するならば、クジの確率が高い野村投手に来るんじゃないでしょうか?
    日本ハムに関しては、かなり冷麺の独断が入った予想となりました。

    ヤクルトは今月に入って高橋内野手に決めています。
    ソフトバンクも最近になって武田投手に一本化。

    中日なんですが、今日(10/26)になって高橋内野手に絞ったようです。
    これまでは高木新監督の推す藤岡投手、スカウト部の推す高橋選手で分かれていたと伝えられていました。
    編成会議でスカウトに説得されて高木監督も納得した模様です。

    冷麺予想だと入札1位で交渉権が確定するのは6球団。
    残り6球団が外れ1位の指名を行うことになりますが、昨年のオリックスのような事態はどこも避けたいところ。
    競合選手に入札するチームは外れ1位も慎重に練っているでしょうね。
    今年のドラフトも、どんなドラマが生まれるか楽しみです。

    <関連記事>
    2011ドラフト展望(その1)
    2011ドラフト展望(その2)

    |

    « 2011ドラフト展望(その2) | トップページ | 2012あけましておめでとうございます »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    新加入の選手たちは冷麺さん的にはどう思っていられますか?
    ぜひ意見を聞きたいです

    投稿: | 2011-12-08 17:43

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/53091053

    この記事へのトラックバック一覧です: 2011ドラフト展望(その3):

    « 2011ドラフト展望(その2) | トップページ | 2012あけましておめでとうございます »