« 2012/05/25ロッテvs巨人 | トップページ | 2012/05/30巨人vs楽天 »

2012-05-28

2012/05/27巨人vs日本ハム

星野プロ初勝利! 慎之助6号! リリーフ陣好投で僅差のゲームを拾う

  • 巨人2-1日本ハム 詳細
  • 前日のロッテ戦でついに巨人の連勝は10で止まりました。
    連勝はいつかは止まるもので仕方ありませんが、すかさず次の試合に勝って嫌な反動の流れを払拭したいところです。

    ところが巨人の先発投手は谷間の小山
    日程的にローテがやりくりしやすい交流戦とは言え、主力ローテは既に中5日で回しています。
    谷間を挟まざるを得ないタイミングがこの日の日ハム戦でした。

    そして相手は日本ハム
    実は交流戦開始前、冷麺が一番手強いチームと思っていたのが日本ハムでした。
    交流戦突入時点のパ首位はロッテだったのですが、冷麺がそれ以上の評価をしていた決め手は打線です。
    ハム打線は12球団一のチーム打率を誇っており、つながり出すと手を付けられない打力は統一球でも健在です。
    中でも凄いのが稲葉で、今年は通産2000本安打もあっさり達成。
    普通は2000本近くで足踏みするものなんですけど、開幕から打ちまくってすんなり達成でした。
    数字も凄くて打率・打点のパ二冠王。ホームラン6本もパ3位。
    さらにバッティング内容を映像で見ると数字以上にびっくりします。
    以前の稲葉より速いんじゃないかと思えるスイング、内外角高低を問わず鋭い打球を連発してます。
    どんな球を投げれば抑えられるのか分からないほどで、大ベテランなのに今まさに全盛期かのようです。

    そんな日ハムに対して谷間の小山で戦わなければならない…
    ぶっちゃけ冷麺の予想は巨人負けで、連敗を覚悟していました。
    さて、その先発小山ですが、大卒2年目の投手です。
    なんだかんだ言って冷麺はかなり期待してるピッチャーだったりします。
    去年は3試合に先発しましたが、まだ未勝利。
    いずれも勝利投手の権利を得る5回前に降板させられるという内容でした。
    去年の内容はこちら
    一年経ってどんな成長を遂げたか、冷麺は楽しみに観たのですが……

    ぶっちゃけ何も変わってませんでした('A`)
    コントロールのまとまらなさ、変化球を投げるときにフォームが緩む欠点、小山は去年のまんまでした。
    初回表、いきなり糸井に四球、小谷野に送られて1死2塁。
    制球に苦しんで取りに行ったストレートを田中賢に痛打されセンターオーバーのタイムリー2ベース。
    後続を抑えてなんとか1失点に留めましたが、この後もキビシイなあという出来。

    2回裏に日ハム先発武田勝の失投を慎之助が完璧に捉えたHRで1-1の同点。
    しかし3回表にも小山は2死13塁で稲葉を迎えるピンチ。
    ここはセカンドフライでなんとか抑えます。
    このセカンドフライは実質ライトフライでしたね。パンダが打球を見失ってぴのがめっちゃ危ない捕球でした。
    落球でも不思議はなかった当たりでツイてたとも言えますが、監督は速攻で小山に見切りをつけます
    1-1の同点でしたが3回裏の小山の打席には代打エドガーエドガーはまだノーヒットです)。
    4回表から早くも継投策に入りました。

    ここから投げたリリーフが素晴らしい仕事をしてくれました。
    2番手の左、星野真澄が4~6回を9者完全。
    星野はオープン戦のころはいかにも「杉内さんを目指してます」みたいなフォームだったんですけどね。
    この日は腕を下げて完全にサイドスロー
    これが効いたのか、コントロールもまとまってキレの良いストレートとスライダーがビシビシ決まります。
    星野がこの日の内容で安定してくれれば、待望の山口に続く信頼出来る左リリーフの誕生ですよ!
    まあ、そんな上手い話になるかは今後次第ですけどね。
    ともあれ、好リリーフで星野プロ初勝利です! おめでとう!
    星野にプロ初勝利をもたらす決勝点は6回裏の坂本レフトオーバー2ベース。勝負強さが光りました。

    3番手の福田も1イニングを2奪三振の3人で抑えます。
    威力あるまっすぐで押して、スライダーが決まっていました。
    福田は毎年、一瞬ですが良い時期があるんですよね。今がその時期っぽいです。
    続く山口は8回と9回2死まで無得点に抑え、22戦連続無失点と球団記録を更新してます。
    イニングまたぎとなりましたが、これは今一番怖い稲葉をどうしても左の山口で抑えたいという狙いかと。
    最後は残りワンアウトで西村陽岱鋼をあっさり抑えてゲームセット。
    不利な下馬評を引っくり返して、実においしい勝利となりました。

    さて日ハムの立場で見てみると、ネットでは大不振で打線を分断している4番中田翔に批難が集中しているようです。
    栗山監督は「今年は4番中田で心中する」と公言してはばかりません。
    一方でスレッジホフパワーの両外国人が好調で、中田に替えれば確実に打線はパワーアップするという事情があります。
    他チームの話で余計なお世話でしょうが、冷麺はやっぱり中田は大器だと思うんですよ。
    ドラフトマニアでもある冷麺としては中田のような競合1位選手には期待してしまうんです。
    で、日ハムが将来の4番を育てたいとすれば、やはり中田をおいて他は無いでしょう。
    難があっても優先起用でチームの主軸選手が育った例は多くあります
    ですから中田優先起用はアリだと冷麺は考えます。
    まあただ開幕から2か月経ちました。
    我慢の時期としても頃合い、中田本人もプレッシャーで泥沼化してるようです。
    ここは宣言を曲げて、打順を下げてあげた方が良いんじゃないでしょうか?

    明日の先発はホールトン
    今季の内容が悪く、巨人ファン的には信頼が薄いピッチャーだと思います。
    ところがホールトン、日ハムにはめちゃくちゃ強かったらしいです。
    日ハムファンも戦々恐々としているようですね。
    さて、どちらのファンの不安の目が出るんでしょうか?

    |

    « 2012/05/25ロッテvs巨人 | トップページ | 2012/05/30巨人vs楽天 »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/54817081

    この記事へのトラックバック一覧です: 2012/05/27巨人vs日本ハム:

    « 2012/05/25ロッテvs巨人 | トップページ | 2012/05/30巨人vs楽天 »