« 2012/05/27巨人vs日本ハム | トップページ | 2013/04/25巨人vs横浜DeNA »

2012-05-31

2012/05/30巨人vs楽天

杉内ノーヒットノーランの偉業達成!

  • 巨人2-0楽天 詳細
  • いやあ、凄い試合でした
    先発は巨人杉内、楽天は故障から復帰の田中将大
    杉内のソフトバンク時代は、田中との対決は5戦4敗。試合としては5戦全敗と圧倒的な相性の悪さでした。
    しかしスーパーエース同士の対決はやはり注目です。
    ヤフードームでもKスタでもない、東京ドームでの対決は杉内不利のデータを覆せる要素になるかもしれません。

    試合は両先発投手の期待に違わぬ投手戦となりました。
    杉内は課題の立ち上がり、初回を三者凡退2奪三振と好調なスタート。
    田中将も、いきなり長野に3ベースを打たれましたが、藤村・坂本を内野ゴロに仕留めて長野を3塁に釘付け。
    続く村田も打ち取って、無死3塁のピンチを堂々と切り抜けます。

    この日、主審のストライクゾーンは非常に広かったんです。
    冷麺は1回終了の時点で「こりゃどっちも打てない。もうホームランしかないな」と思いました。
    杉内はまっすぐとスライダーでベースをかすめて三振の山を築きます。
    3回表終了時点でパーフェクト9アウト奪三振7個という凄まじさ。
    田中将も凄かった。変化球の曲がりがエグかったです。
    そこらのエース級より2段階くらいキレが上。しかも、それがストライクに決まる
    2球投げたらアウト。そうじゃなければノーボール2ストライク
    あとはフォーク投げれば三振が取れるという状態でした。
    巨人打線はこのフォークに空振りの山。
    故障上がりなので球数を投げさせたいところですが、それすら難しい。
    この日の田中は8イニング投げて球数わずかに84。その内ボール球は20球も行ってなかったかと。
    巨人打線が無策に見えた人も多いでしょうけど、広いゾーンにこの田中の出来では早打ちもいたしかたないでしょう。
    テレビ観戦の冷麺の采配も「早いカウントから思い切ってHRを狙って行け」でした。

    杉内はパーフェクト、田中将は散発ヒットでイニングを進めますが、このパターンはノーヒット側が崩れやすい流れ
    冷麺も統計有って言ってるわけではないので、オカルト流れ論ではあるのですが。
    まあでもノーヒット側が崩れて負ける試合は結構見ますよね。
    それを避けるためには、なんでもいいですから巨人に先制点が欲しいところでした。

    そんな中で勝負を決めたのはパンダの一撃。
    7回裏、坂本・村田とフォークにやられて連続三振。
    続く慎之助は外角を上手く流してレフト前ヒット。
    この回まででも散発でヒット3本出てたんです。
    でも後続がポポーンと追い込まれて2ストライク。後はフォークのパターンにハマってまるで得点の匂いがしませんでした。
    この回の2死1塁も同じで、冷麺は「パンダHR打ってくれないかな~」とやや投げやりな願望。
    そしたら出ましたよ! パンダ独特のインサイドアウトの華麗なスイングで外角球を叩き決勝2ラン!
    リアルタイムでは外角低目を上手く打ったとも思ったのですが、リプレイ見ると甘いことは甘かったですね。
    それでもその一球を逃さなかったパンダはさすがだと思います。
    楽天打線がパーフェクトのプレッシャーの中で次第にバットを振れなくなっていったのと対照的でした。

    勝ち越してしまえば、がぜん興味は杉内のパーフェクト。
    残る楽天の攻撃は2イニング。
    もうドームのふいんきが1アウトごとにすごかったです。
    4回以降もストレートとスライダーを軸に奪三振も増やしていきます。
    パーフェクトまで後1人でしたが、惜しくも中島にフォアボール。
    しかし、まだノーヒットノーランは残ります。
    後続の聖澤を見逃し三振に打ち取り、杉内は打者28人奪三振14で見事ノーヒットノーランを達成しました。

    パーフェクトなんですが、悔やまれるのは9回表2死、中島フルカウントのところ。
    結果論で今考えると、ど真ん中でもまずバットが出てこなかったでしょうね。
    ただ、バッテリーとしてはそこまで相手打者を舐めることは出来ないでしょう。
    杉内「パーフェクトだからと言って真ん中は無責任だと思った」と語っています。
    冷麺もそれで良かったと思います。

    それから今回は9回2死でパーフェクト消滅、ノーヒットノーランへ移行というパターンでした。
    マスコミに調べてほしいんですが、これは珍しいパターンのノーノーじゃないかと。
    それだけにパーフェクトとノーノーの格差を感じてしまいたしたね。
    偉業にケチつけるみたいで我ながら最低だなとは思いますけど、投手の格付けではなくレア度の差だと解釈しました。
    どっちにしろ凄い投手ならばやれるというものではありません。
    だから投手の実力差を示すものではない。
    ノーノーはかなりレアですが、パーフェクトはレア中のレア
    だからこそ槙原のパーフェクトがいつまでも伝説的に語られるのでしょう。
    だから、パーフェクト成るかという試合はプロ野球ファンとして心して観るべきだと思いますね。歴史の目撃者です。
    まあ、もしやられる側だったらたまったものじゃないですけどね(笑)

    杉内選手、ノーヒットノーランおめでとう!!!!!!!!!!

    |

    « 2012/05/27巨人vs日本ハム | トップページ | 2013/04/25巨人vs横浜DeNA »

    巨人」カテゴリの記事

    コメント

    この試合の冷麺さんの記事が見たかった~!!
    良かったー!!記事にしてくれてー!!

    投稿: | 2012-06-01 14:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564803/54839105

    この記事へのトラックバック一覧です: 2012/05/30巨人vs楽天:

    « 2012/05/27巨人vs日本ハム | トップページ | 2013/04/25巨人vs横浜DeNA »