カテゴリー「経済・政治・国際」の3件の記事

2010-11-18

sengoku38逮捕見送りで思ったこと

皆様既にご存知の通り、尖閣中国漁船衝突ビデオを流出させた、いわゆるsengoku38の逮捕が見送りになりました。

  • 海上保安官の逮捕見送り=在宅捜査を継続-月内にも終結・捜査当局 (時事通信) 2010/11/16-01:47
  • 一部引用します。

     沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、捜査当局は15日、事情聴取を続けてきた神戸海上保安部の海上保安官(43)について、証拠隠滅などの恐れはないと判断し、逮捕を見送り、任意捜査を続ける方針を決めた。同日午後、東京地検と警視庁の幹部らが協議し決定した。
     今後、在宅での捜査を今月中にも終え、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で警視庁捜査1課が同地検に書類送検する。検察当局は送検後、早期に刑事処分を決める。
    (後略~)

    おおむねネットではこの措置は好評のようです。
    が、冷麺はどうも気に入りません
    冷麺は特定アジアが言う"愛国無罪"が大嫌いなのです。
    今回の措置が愛国無罪とどう違うと言うんでしょうか?
    日本は法治国家です。ビデオが守られるべき機密だったと言うならきっちり逮捕するのがです。

    じゃあsengoku38を逮捕するべきと考えているかと言えば、そこは冷麺もネトウヨです。
    「船長は帰してやって、sengoku38は逮捕かよ」という感情は冷麺だって同じですよ。
    しかし日本は法治国家です。皆が法に従うことによって国が成り立っているのではないのですか?
    守るべき優先順位の最高位に法を置いているからこそ、日本は近代国家なのです。

    ……優先順位。これが尖閣衝突事件からの一連の流れのキーワードですね。
    民主党政権は筋も優先順位もメチャクチャだから、すべてgdgdになるんですよ。

    中国におもねる事ばかり考えてさっさと船長を帰す──マシなやり方があったでしょう
    ビデオが流出したら血眼になって犯人探しを宣言──他にやる事があるでしょう

    を通さないで裏で超法規措置を乱発するから、逮捕すべきときに逮捕できないんです。
    優先順位が分かってないから、要らぬ反感を買うんですよ。
    逮捕で国民の怒りを買えば菅政権支持率急落は免れず、逮捕を見送らざるを得なかったというのがもっぱらの見方です。
    ここでも裏で司法に手を回したんですかね?
    民主党は三権分立を理解してるんでしょうか? 小学校で習うはずなんですけどね。
    センス以前の問題ですね、国政・外交の基本がなってません。
    民主党に政権担当能力が無いことがはっきりした一件でしたね。

    <2010/11/19追記>
    自衛隊が”暴力装置”ってあーた……
    こんなのが官房長官やってるんですからね…

    (大きい画面で再生したい場合は、再生後更に動画をクリックするとようつべに飛びます)

  • 仙谷氏「自衛隊は暴力装置」 参院予算委で発言、撤回 (朝日) 2010年11月18日11時33分
  • 「自衛隊は暴力装置」仙谷官房長官、撤回し謝罪 (読売) 2010年11月18日11時52分
  • 仙谷官房長官:「自衛隊は暴力装置」 すぐに訂正「実力組織」 (毎日) 2010年11月18日 東京夕刊
  • 仙谷氏「暴力装置」発言 謝罪・撤回したものの…社会主義夢見た過去、本質あらわに (1/2ページ) (2/2ページ) (産経) 2010.11.18 22:31
  • <関連記事>
    尖閣中国漁船衝突ビデオ流出で思ったこと
    尖閣衝突事件、中国人船長釈放 中国はテロリスト国家

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    2010-11-07

    尖閣中国漁船衝突ビデオ流出で思ったこと

    皆さんご存知の通り、5日頃から尖閣衝突ビデオがようつべに流出しました。
    冷麺はネトウヨですから、語ろうと思えばいくらでも妄言暴論を語れるのですが、なるべく抑えていこうかと。
    ただでさえ無い品位を更に下げてもしかたがないですしね。

    今回はビデオ流出に絞って述べます。
    冷麺は漠然と流出するだろうなと思っていました。漠然となんですが、確信と言っていい
    ネット界隈で聞いても、やはり流出すると思ってた人ばかりでした。
    なぜ流出が確定的だったかと言いますと、今は21世紀だからです
    インターネットというインフラがあり、動画サイトという受け皿もあり、誰でも動画を手軽に扱えるテクノロジーがある。
    状況がバッチリ揃っていた。あとはビデオをうpする意志が存在すればいい。
    情報セキュリティとかモラル云々の話より、状況が導く力の方が大きい。
    正に時代が産んだ「事件」と言えます。

    ビデオ流出事件の本質を突いた象徴的な面白いニュースなので貼っておきます。

  • 【尖閣ビデオ流出問題】民主党幹部「永田町で揉めていたのに世界に流出…ブラックユーモアだ」 (産経)
  • 今後このような流出を阻止したいのなら、法律の整備(罰則強化)やモラルの引き締めという発想ではダメですね。
    いかに厳しく釘を刺したところで流出します
    個人が全世界へ情報を公開する手段(インターネット)は整ってるわけですから。
    まず機密を保ちたい側がネット社会を受け入れること、認識することが必要です。
    その上でどうして機密を保つ必要があるのかを、機密を知りうる立場の者に周知し理解してもらう必要があります
    それが出来ない情報、すなわち秘密の必要性が説明できない情報なら公開してしまった方がいいんです。

    尖閣衝突ビデオは正にそういう例だったと思います。
    冷麺が見ても、何故秘密にしたのかまったく分からない
    流出は必然でした。流出しない確率の方が低かったでしょう。
    くだらない理由では秘密を保てない時代になったのです。
    もし秘密を保つに足る納得出来る理由が説明されていたのなら、「犯人」も流出を思い留まったのではないでしょうか?

    実はビデオは今回の流出分に留まらないという話もあります。
    臨検から船長逮捕に至るまでのビデオもあるのではないかと。
    その時に殉職者まで出てるとネットの噂ではまことしやかに言われています
    そうだとすれば「犯人」もこれはさすがに流出できないと思ったのではないでしょうか?
    逆に言えば理由があればネット流出を防ぐことは出来るのです。

    それにしても動画は鮮明な画像でびっくりしました。
    衝突の瞬間がバッチリ捉えられています。
    2度目の衝突である巡視船「みずき」との衝突は2つの角度からの動画が揃っています。
    これが世界中から見ることが出来る。
    冷麺の駄文も世界中から読むことが出来ますw 凄い時代になったでしょう。

    <関連記事>
    尖閣衝突事件、中国人船長釈放 中国はテロリスト国家
    sengoku38逮捕見送りで思ったこと

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2010-09-24

    尖閣衝突事件、中国人船長釈放 中国はテロリスト国家

    私、冷麺はいわゆるネトウヨです。
    ですがその手の話はblogには書かないつもりでした。
    2chのノリで書いてしまうと、知識も足りないし大恥を書く危険性が高かったからです。
    しかし中国人船長釈放にあまりにもムカついたので、blogに書いて発散しようと思います。

  • 尖閣沖衝突、中国人船長を処分保留で釈放 (読売)
  • 尖閣漁船衝突事件、中国人船長を処分保留で釈放へ (朝日)
  • 漁船衝突:中国人船長を釈放へ 「日中関係を考慮」 (毎日)
  • 【尖閣衝突事件】中国人船長を釈放へ 那覇地検「日中関係考慮」 (産経)
  • 実は私はこういう形でなあなあになってしまうのではないかと思っていました。
    国際政治では落とし所を見つけることが大切です。
    2004年の中国人活動家7名による尖閣上陸事件では、逮捕後2日でとっとと帰しちゃってます。
    このときの首相は特定アジアに比較的、強硬姿勢だった小泉純一郎でした。
    ですから釈放自体は想定内で、それに含むものは無かったりします。

    しかしタイミングが悪い。フジタの日本人社員4人拘束の直後です。

  • 中国「不法撮影」でフジタの日本人社員4人拘束 (読売)
  • 「軍事管理区侵入」中国、フジタ関係者4人を取り調べ (朝日)
  • 中国:日本人4人を当局取り調べ 「軍事目標」撮影で (毎日)
  • 中国で邦人4人取り調べ 軍事区域侵入で (産経)

    中国は容疑者を簡単に死刑にすることで有名です。
    これではまるで中国が人質を取って脅迫したも同然です。
    実際、外国人を拘束して政府を脅迫するのはテロリストのやり方です。
    イラク日本人3名人質事件を御記憶の方も多いのではないでしょうか(これも2004年だったんですね)。
    この事件では身代金が支払われたのではないかとの噂が絶えません。
    逆にイラク日本人青年殺害事件では支払われなかったとも。
    イラクのテロリストと、中国の日本人拘束のどこに違いがあるのでしょうか?
    「日本人が捕まった」→「即、船長釈放」ではテロリストの要求に屈したも同然です。

    どうせ釈放するなら、もう少しうまくやれなかったものでしょうか。
    今現在、拘束された日本人4名の安全が保証されたというニュースはありません。
    取引にもなってない。日本人の釈放を先にするくらいの取引はできなかったんでしょうか。

    今回の事件で我々日本人は2つの教訓を覚えなくてはならないと思います。

  • 中国はテロリスト国家である。
  • 中国は法治国家の概念を理解出来ない。
  • <関連記事>
    尖閣中国漁船衝突ビデオ流出で思ったこと
    sengoku38逮捕見送りで思ったこと

    | | コメント (0) | トラックバック (0)